■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
異文化を持つ同僚
昨年度の人事考課に関して
どうしても納得できない
と不満を表明している同僚がいます。

その職員の担当考課者に
私がなることになりました。

要するに押しつけられた訳で
それなりの困難が予想されます。

まっ、いいんですが。


人事考課とは
こういう職員になってもらいたい
という職場からのメッセージに過ぎず
それを受けるか受けないかは各自の選択に任されています。

そんなシンプルなことがなかなか伝わらないようです。

もちろん給料にも反映しますが
ウチの場合反映するのは僅かな部分でしかないし。



私には

メッセージ(評価)を伝える側が別の何かを優先して
もしくは
別の何かも評価と一緒に伝えようとして
結局何が一番伝えたいことなのかが
あいまいになってしまった。
だから『あうんの呼吸』が通用しない人に誤解されることになった。

という風に見えてしまうのです。



どうしても伝えたいメッセージがあるなら
別の何かは切り捨てるくらいの覚悟がないと
かえって危険だということです。

たとえその何かがまあまあ大事だったとしても
それは切り捨てないといけない。


まあまあ大事なことについては
伝えるのを諦めるか
改めて機会を作るしかありません。



一度で全てを解決させようと欲張ってしまう
そういうタイプの失敗例って
案外少なくないように感じます。

たまたま私のいる(あるいはいた)環境がそうだった
というだけかもしれませんが。



そんな訳で
つい最近初回面談を終えました。

とりあえずその場においては
人事考課の狙いや趣旨を理解してくれたようです。

といっても
時間をおいて混ぜっ返すのがこの職員の常套手段
という引き継ぎも受けているので
解決したとは考えていませんが。



公式に出される評価なんてどうだっていい
と思っている私とは
大きく異なった文化を持った職員という話です。
(出された評価に納得しないという選択肢を持っている時点で
私との距離はだいぶ遠い…)


最低月1の面談を行うことになっているので
異文化を持つ方との継続的な対話を通して
私にどんな境地が開けるのか
楽しみにしているところもあります。


ただ、他の同僚と違って
毎回の面談がかなりの真剣勝負になるので
疲れてしょうがないのが難点なのです。

人気blogランキングへ 他の同僚とも真剣に面談しなきゃいけませんが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 17:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。