■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
使用ラケットの歴史 その2
高校を出てみるとその先がなく、ひとなみに一浪。
暗黒の一年を経て大学に入ってみると、テニス部がない。
…いくら探しても、ない。



「テニス部のない大学なんてあるか~!」



と嘆いても後の祭り。
傷心を抱えたまま、なんとなくテニスサークルの門をくぐりました。
(サークルはあった)

元々へっぽこでしかもブランク明けなのに、経験者というだけでコーチ役に。
ひとなみな一浪生活で体重は激増。
走ると疲れるし、走らなくても疲れるし、テニス熱は右肩下がりに下がっていきます。
そんな私を救ってくれたのは当時の先輩たち。


「テニス部つくんべ」 ←(!)
「んだな」 ←(!!)
「らー」  ←(!!! 何語?)



生まれて初めて聞くネイティブな訛り丸出しの人たちに囲まれて、
テニス部を立ち上げることになったのです。

そんななか、テレビを見ると華奢なお姉さんがめちゃめちゃ活躍しているじゃないですか。
伊達選手全盛の時代です。
衝撃を受けた私は、持っていたRV100もうちわラケットもさっさと捨てて
「ヨネックスのRD8」を手にしたのでした。


当時からお世話になっているテニスショップの偏屈店長T氏は

「テニスプレイヤーなら同じもの2本買え」

と凄みます。
部活のために家を出て、一人暮らしを開始(部活のことは内緒)。
仕送りは少なく(当たり前か)、深夜バイトで食いつなぐ日々。
それでも食費を削って買いました。2本。
頑張りました。

「男なら3本買え」

という店長の言葉は無視して、ようやくテニスプレイヤーらしくなったのであります。

でもRD8ってどんな感じだったか思い出せません。
思い出せないというか「長く使いすぎて、それが基準になった」というのでしょうか。
ガットでいうミクロスーパーみたいな。
うちわラケットのトラウマは残っていたので、振りぬきは良かったと思います。確か。


その後偏屈店長ショップでバイトをさせてもらい、社員割引(というか給料天引きというか現物支給というか)でいろいろ買わせていただきました。

某D社の白くて小さいラケットは柔らかくて良かったのですが、
シャフトから真っ二つに折れて天命を全うしました。
グラファイトの白いやつみたいな某Y社のラケットは、重すぎて使いこなせませんでした。
某M社の黄色とシルバーのラケットは、妙な特性がないまっさらなラケットという感じでしたが、
いろいろラケットにサポートして欲しかったので止めました。


結局大学時代を通して、RD8がメインのラケットになったのでした。
(卒業までには3本になってました)

続く。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト


ラケット関係 | 00:34:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。