■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
区民大会ダブルス二日目

三回戦:2‐6

①相手の2ダボで15‐40。
私リターンでワングリップ前ポジションを試してみたけど、全く気にせずサーブを打ち抜かれて弾かれる。せっかくのチャンスを生かせず。0‐1。
②私のファーストサーブが全く入らず、守勢のまま落として、0‐2
③必死にやってたらギリギリでブレークに成功。1‐2。
④ペアさんがきっちりキープして、2‐2。
⑤『先に仕掛けなきゃ』という私の焦りが裏目に出て、2‐3。
⑥ここでも私のファーストサーブが入らず、2‐4。
⑦リターンミスが重なり、2‐5。
⑧ペアさんが作ってくれたやや甘い球を、私が無理矢理決めに行ってミス。2‐6。

という内容でした。


ダブルスにおいてどちらが悪いということはないのですが
今回に限って言えば
8~9割私のせい
で負けました…。


確かに相手は強かったし
終始余裕を持ってプレーしていました。

にしても
私が先にミスしないとか
ファーストサーブをきっちり入れるとか
決める/つなぐの選択を間違えないとか
今できることは精度良くやらないといけませんでした。

勝手に考えすぎて
空回りしていたところが悔やまれます。

ポイントを決めたいというのは
相手への恐怖の表れなのだそうです。

結局は逃げの姿勢ですね。


ペアさんには申し訳ないことをしましたが
コレを夏のシングルスに生かさなければなりません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 17:50:25 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
「ここでポイントが欲しい!」と思うと
身体が固くなるのでしょうか?!
間違いなくミスになりますね(-_-;)

>相手への恐怖の表れなのだそうです。

なるほどな~~
2014-07-03 木 11:24:33 | URL | てにまま [編集]
*てにままさま

ポイントが欲しいときにいかに平常心を保つか
なかなか難しいです。

相手に決められるのを恐れない
これも難しいです。

まぁ、スキル面の課題が大きいのでアレですが
メンタル面も軽視できませんねー。
2014-07-08 火 20:30:10 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。