■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
それ自体が動機

保護者の方からの疑いの目は
なかなか無くなりません。

自分自身で意志を伝えられない利用者さんが多いので
ある程度は仕方ないと思っていますが…


どうしたら保護者のみなさまに理解されるのか
ずーっと考えてきましたが
考え続けているうちに
少し違ったところにたどり着きました。


(伝える努力は必要だとしても)
今の状況を伝え方の工夫で打開できると考えるのは
幼稚な幻想である。

『いい支援をすればわかってもらえるはず』
と考えるのは確かに非現実的だけど
それでもいい支援を提供し続けるしかない。

そもそも理解されるかどうかという判断を
差し挟むような問題ではない。

利用者さんにとってのいい支援を追求するのは
ソレ自体が理由や動機であるべき。


こういう件について
相変わらずうまい表現ができないのですが
私たちは与え続けることしかできなくて
見返りを求めようと考えるのが間違っている。

結局のところ
理解されたいっていうのも見返りな訳ですし。

そんな風に考えが至って
妙に腹に落ちたのです。


そもそも仕事として生活の糧を得ているので
それ以上を求めるのはおかしいわけです。



私の腹には落ちましたが
あとは
保護者からのまなざしにショックを受けている若き同僚たちに
どう伝えていくか。
その問題が残っています。

果たして伝えることができるでしょうか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。