■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天皇論~象徴天皇制度と日本の来歴

天皇論~象徴天皇制度と日本の来歴
坂本多加雄著
文春学藝ライブラリー


私個人の思想信条はさておき
『天皇陛下、万歳』的な本ではないのでご安心を。

天皇について、というよりも憲法論や国家論を通して
この国のよりよい『来歴』を作る試み
であると私は読みました。
(間違っていたら責任は丸坊主にあります)

一回読み通して
今二周目に入っているところです。



疑問に思うことについて私なりにいろんな本にあたって
そこからのつながりでこの本にたどり着きました。

戦後からのこの国の歩みが
ある部分ですごく歪んでいる
もしくは偏っているように感じて
でも何がどう歪んだり偏ったりしているのか
はっきり掴めないでいました。

そんな疑問の多くがこの一冊で解説されたような
そんな気がしています。

現行の日本国憲法を軽いもの
押しつけられたもの
と考えている方がいらしたら
一度読んでみるといいんじゃないかと思います。



冒頭の
相互理解が必ずしも平和をもたらすわけではない話
『選択する自己』から『物語る自己』の話
自分自身が納得して語り他者にも受け入れられるような『筋』の話
から、私の心は鷲掴みにされました。


それ以降の論も私を掴んで離さず
この先の未来を主体的に歩めるような『来歴』のあり方を
提示してくれています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 08:37:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。