■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
センスの有無
バガボンド37巻はとても印象深い内容でした。
 (読みました?)

『腕は無いものと思って振ってください』

『腕は頑張り屋さんだけど、その分すぐ周りのことを忘れる』

って言葉、よかったですね。


さて、フォアハンドが振れないという私の課題は
永遠に続くものと思われましたが
先日の個人レッスンから光が差しはじめています。


いろいろ教わって
言葉にできるものはほぼメモにしましたが
結局は冒頭の言葉と同じことを言っているのではないかと感じました。
 (もう少し言えば、スクールのコーチも同じことを言っていたのかも)
 (個人レッスンを受けてみて、グループレッスンの限界を感じました…)


そういえば個人レッスンのコーチが
こんなことを言っていました。


大きく振るときは10キロのダンベルを振るように
(追い込まれたりして苦しいときなど)
小さく振るときは軽いモノを振るように


重さや軽さをイメージすることは大切ですが
それよりも大切なのは
重さを感じる、あるいは軽さを感じるための
体の使い方なんだと思います。

要するに技術の話なんだと私は理解しました。


技術である以上
下手な人間でもソレを向上させることは不可能ではない。

センスの有無だけで済ませるのは
センスの無い人間の言い訳でしかない。



私にはフォアハンドを打つセンスがありません。
 (フォアに限った話ではない…)
けれど、技術の問題である以上
ソレを向上させる道は必ずある。

その道が見つけられてないだけで。





私には対人支援を行うセンスがありません。
けれど、技術の問題である以上
ソレを向上させる道は必ずある。

その道が見つけられてないだけで。

人気blogランキングへ なんだか繋がってきたような…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。