■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
病み上がりテニス

扁桃腺に何らかのウィルスが付いて炎症を起こした
とのことで
高熱で3~4日寝込んでしまいました。

蓄え続けた下っ腹がかなり無くなり
立ってるだけでもフラフラ。


リハビリがてら軽くスクールへ、と行ってみたら
スパルタコーチのコマに生徒が私を含めて2名。
しかももう1名は
たまに見かける上級者の男性。


最悪です。


お互い夏の市民大会にシングルスで出るということで
いきなりシングルスのミニゲーム

そこから課題修正のレッスン

シングルス
という内容でした。

普段なら素直に喜べる贅沢メニューですが
さすがに今回はキツかったです。


レッスン序盤で足がつりかけるし
尋常じゃないくらい汗が出るし
なのに生徒2名だから気を抜く時間もない。

『バテる』の向こう側を見たような気がしました。



そんな中だからこそ
再確認したことがあります。

低い姿勢を意識すると
上体を前にかがめるだけになりがち。

正しくは股関節を折って
上体は起こしておく。


疲れたときこそ姿勢を正さないといけません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 08:35:17 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
あらあら、大変でしたね~(-_-;)

母は扁桃腺の化膿が喉頭蓋にまで行ってしまい
呼吸ができなくなったことがありました。
扁桃腺も馬鹿にできないですよね。

>上体は起こしておく。

金曜コーチが毎度言っています。
頭を下げない、お辞儀しない、、、つまり上体を起こしておく、ってね^^
2014-08-21 木 23:20:39 | URL | てにまま [編集]
※てにままさま

気づくのが遅れてすいませんでした。

もうすっかり下腹も戻って回復した…
と思ったら
親知らずを抜いた後が腫れ上がり
こぶとりじいさんみたいな顔になってしまいました

まぁ、遅かれ早かれやらなきゃいけないことなんで
仕方ないのですが。
口が大きくあかないので早食いのクセが矯正されて
案外いいかもしれません。
2014-08-26 火 14:40:15 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。