■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
言葉にするのは難しい…

先日、利用者さんと調理実習をしました。

みなさんの希望でパスタと唐揚げという
ハイカロリーなメニューになりました。
(たまの調理実習だし、まぁいっか)


で当日、パスタを茹でている隣のコンロで揚げ物をしたのですが
ある利用者さんが揚げ物に興味津々でフライパンの前から動かない…。


付き添っていた職員が
他の仕事をお願いしたり外の景色を勧めたり
なんとかしてそこから動かそうとしましたが
全然ダメでした。


下手に動かすとパニックになって暴れたりする可能性がある方なので
これ以上動かそうとするのはかえって危ないと判断して
私が彼を見守ることにしました。



こういう時、もちろん緊張するのですが
その緊張感を利用者さんに感じさせてはならない。


私の脳内では
…もしココでパニックになったら
腰を掴んで安全な所までタックル
すぐ奥にいい具合なイスとクッションがあるから
多少雑にいってもケガはしないはず…
というような最悪な状況をシュミレーションしています。

でも表情と声は穏やかさをキープして
彼に話しかけたりしています。

自分で言うのもナンですが
こういうのは結構できるんです。


丸顔でタレ目で口角が上がっているから
目を細めていれば穏やかに微笑んでいるように見えます。
(興味のない話やつまらない会議でよく使います)
(ヨメや支援力のある同僚にはバレます…)

精神科の相談員として4年間
患者さんやそのご家族とマンツーあるいは多数対一人で
シビアな内容の面談を繰り返してきたおかげか
相当追いつめられた状況でも穏やかな声で話すことができます。
(コレは身内にもまずバレない)

表情と声をコントロールできれば
支援者発信で利用者の方を不安定にすることはまずない。

当たり前のことなんですが
ナチュラルな声や表情で利用者さんに接してしまう支援者は
意外と多いように見えます。
ナチュラルというより
自分の声や表情を意識しないで利用者さんと関わっているのかもしれません。

かつての(今も?)自分を棚に上げて
えらそうな事は言えませんが。

今回もなかなか緊張する場面でしたが
自分の強みを遺憾なく発揮して
無事にその方を見守ることができました。

やれやれ。



言うまでもなく
利用者さんとの調理実習において
揚げ物と茹で物をすぐそばでやるという危険な状況を作った私たちが
問題外に間違っているのです。
当然、今後こういうことがないようにしなくてはいけません。

が、利用者さんと活動している中で
こういった危険な状況というのは時々やってきます。

それを事前に防ぐ努力とともに
その状況からなんとかして無傷で(あるいは最小限の被害で)抜け出す力というのも
私たちには求められていると思います。


そういうことを若い同僚たちに伝えたいのですが
うまく言語化できなくて困っています。

少人数だったらソコソコ伝えられると思うのですが
職場全体に公式に伝えようとするととたんに難しくなります。

上手く表現できないだけで
すごく大切なことのような気がするのですが…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 14:35:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad