■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

まだテニスをする気分になれなくて
空いた時間は読書か子守りをしてぼんやりと過ごしています。


とはいえ、錦織選手の活躍は注目しています。

準優勝という素晴らしい結果なのに
残念だったという思いが強いのは
見る側の勝手な感想なのかもしれません。


改めて決勝戦の録画を見ると
いろいろな方が言っているように
チリッチ選手のテニスは良かったし
崩されそうな場面も自分のプレーで打開していました。

一方の錦織選手には硬さが見られました。

で、その通りの結果になったということなんでしょう。



その上で一素人の感性で勝手なことを言うと
錦織選手はうまくいかない状況をなんとかしようとあがいていましたが
そういうツラそうな表現よりももう少し前向きな
この状況で勝つためにはどうしたらいいかという試みを
継続していたように見えました。

チリッチ選手が勇気を持って切り開いたけれど
『コレが通じたら一気にペースを持ってっちゃうよ』
というような数々のワナ?を仕掛け続けていたように見えたのです。

ほぼ試合が決まった終盤まで。


プロなら当たり前なのかもしれませんが
相手の調子が良くて自分は良くなくて
それがハッキリしている状況下で
良くないところをどうにかしよう、ではなく
勝ちを見据えてプレーし続けていた(ように私には見えた)ことに驚きました。

その姿から勇気のようなモノをもらいました。

なんだかありふれていますが。

しかも私が見たいと思うモノを
勝手に投影しているだけかもしれませんが。



基本的にテニスの録画は数回見て消してしまうのですが
この試合は残しておこうと思います。

錦織選手の気持ちを考えるといたたまれなくなりますが
きっと切り替えて前を向いてくれるはず。

かつて公言していた通り
GS制覇とランキング1位を目指して
ぜひともがんばっていただきたい。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 14:21:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。