■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ぶつける?
基本的にダブルスは練習会くらいでしかやらないから
いいと言えばいいんですが
先日、練習会で

小細工に走りすぎ!
チャンスボールは相手にぶつける気持ちで!
 (相手が格上なら特に)

と指摘されました。


私、コレができないんです。

練習以外でダブルスをしないのは
コレも理由なんです。


その点シングルスはバッチバチに打ち込んでも
相手に当たるなんてことはまずない。

安心して振り回せます。

元々振り回すタイプのプレーじゃないけど…。



今回受けた指摘の趣旨はわかります。

本当に強い人とは
必要なら相手にぶつける選択もできる人なのでしょう。

そういう心構えとか覚悟とか
腹をくくるモノがないと
強くなれないのかもしれません。

結局は1ポイントに対する執着心なんだろうと。


『そんなことしなきゃならないくらいなら
 弱くても負けてもいいや』

というスタンスを指摘されたんだと思います。

確かに私、少なからずそういうところがあるし。



といっても
私ごときのヘッポコスイングでは
ぶつけてケガさせるような剛球は打てませんから
心配する必要はないんですけどね。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・メンタル面 | 10:43:20 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>私、コレができないんです。

私もです!
触らせてオープンスペースへ打ちこむのみ^^

「ヘッポコ」と言えば、、、

先日のレッスンでサービスの練習をしました。
センターとワイドの角にコーンを4つ置いて皆で狙うのです。
次々にコーンが倒れて残り1つになりました。

てにまま、当たるのですけれど
コーンは倒れてくれません^_^;

最後はコーチ(30才男性)が猛烈サーブで倒して終了でした!
2014-10-18 土 23:30:15 | URL | てにまま [編集]
※てにままさま

私、サーブのコーン当ては好きです。
しかも割とよく当たるんです。
(一応男子なので倒れます)

どうして試合でできないのか…。

不思議です(涙)
2014-10-19 日 13:46:37 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad