■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
T‐FLASHの打ち比べ

近くのテニスショップに2モデル前の285が売っていたので
(人の顔が書いてあるヤツ)
思わず買っちゃいました。

ちなみにこのあいだ買った315は1モデル前のモノです。


早速いじって315と重さを近づけると
意外と違和感なく併用できてラッキーでした。


285は315に比べてしなりを感じにくくて中厚感タップリな打球感でした。
飛びは285のほうがいいと思います。



両方ともシングルスの練習試合で使ってみましたが
思ったより使えました。


しかし315は振り切ってナンボ、のラケットのようです。
疲れが見えてた後半には厳しさを感じました。

重たい分振り出しさえすれば
あとはラケットが何とかしてくれます。

その時はラケットに球が張り付くような感じがして
安心してコントロールできる気がします。

が、疲れてきて準備が遅れて
手打ちとか押し出すような打ち方になると
適当に弾いてしまう感じで
いきなり制御できなくなってしまいます。

守備に回っても
きちんと捉えるとそれなりの球質を維持して相手に返せますが
適当に帳尻を合わせようとすると打ち頃な死んだ球になってしまいます。


重くしたとはいえ285は多少雑にいっても
フォローしてくれる範囲が広いです。



とりあえず市民大会は来年の夏なので
それまでに1日最大3試合
このラケットを使い続けられる体力を課題にしようかと思います。

人気blogランキングへ 割とすぐ2011に戻りそうな気もしますが…。よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


ラケット関係 | 19:33:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad