■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゆるゆる

アートスポーツさんのブログ
マニアック通信
を読んだら
デカ厚ラケットに20代のテンションで
バリバリ試合に出ている方が紹介されていました。

デカ厚ゆるガット派を自認する丸坊主としては
聞き捨てならないのです。


という訳で早速。


今回はAD2011に
AKプロ16cxを28/25Pで試してみました。

118平方インチにこの緩さだから
面圧とかどうなっちゃうのでしょう?


で、スクールで使ってみたところ
意外と普通に使えました。

球がとっ散らかって困ることはありませんでした。
むしろしっかりと『乗る』感覚があって
打球の制御がしやすかったです。

ボレーやスライスがやりやすいのは予想通りでしたが
フォアハンドも意外と叩けました。

ただ、ボレーであってもストロークであっても
ちょっとでも『押して』しまうとフカします。

ラケットの頭を走らせるような打ち方ができれば
回転をかけるのもフラット気味に打つのも
普通にできます。

その点に慣れれば普段使いも問題ないように思いました。



そういえば、10年くらい昔
シングルスの試合で話をした上手い方が
『ストリングを緩くして一番飛んじゃうのは30代ポンドの後半。
さらに緩くすると逆に飛びは抑えられる』
というようなことを言ってました。

確かその方も25Pとか28Pとかで張っていたような。


その時は非常識に感じて試そうとも思いませんでしたが
今になって急に思い出しました。


果たしてこのまま上手くいくでしょうか。

人気blogランキングへ 何か試したい方にはいいかもしれませんよ。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ストリング関係 | 16:57:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。