■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
趣味

そういえばT‐FLASH315を使ってなかったっけ?

というご質問があるかもしれません。
 (そもそも興味ない?)


たまたまデカ厚ゆるガット派として
やらなくてはならない話が来ただけで
それがなければ315を使っているでしょうし
いつの間にか2本になりました。


ただ、1本はG4でもう1本はG2…。


で、どうするのかと言いますと
2本の握った感じと振った感じを近づけるべく
チマチマいじるのです。

私、こういうの大好きなので。



G4の方は
グリップサイズを1サイズ落とせる元グリで細くして
G2の方は
ビニールテープと厚みのあるレザーで太くします。

巻く時の力の入れ具合で微調整して
握った感じはほぼ同じになりました。



ココから難しいのは
振った感じを合わせることです。

いわゆるスイングウェイトなんでしょうが
そんなものを測る機械なんてウチにはありません。

置いてあるショップもあるようですが
常連でもないのにお願いできるほど私のメンタルは強くありません。

なので
完全に自分の感覚頼みで作業をすることになります。


同じモデルのラケットですが
グリップをかなりいじっているので
この時点で両者の差は15g強ありました。

しかも片方はグリップ側を軽く
もう片方は逆にグリップ側が重くしてしまったので
振った感じは全然違いました。

結局は鉛テープでどうにかするしかなく
張っては剥がし、張っては剥がし…を繰り返して
コチラもいい感じに揃えてみました。


ここで私が優先しているのは
実重量よりも振った感じを揃えることです。

同じモデルのラケットなので
基本的にはバランスポイントと実重量を揃えれば
大きな差が出ることはあまりない。
(まったくない訳ではない)

しかし今回はそれぞれのグリップを逆の方向性でいじったので
実重量とバランスポイントを合わせても解決できない状態でした。


結局今回は
実重量では10g弱の差が出たものの
振った感じや使った感じはほぼ揃いました。


…と言っても、まぁ、全て私の感覚の話なので
当てにならないのですが。

いいんです。
私が使うモノなんだから。

人気blogランキングへ で、2011はどうしよう…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 10:36:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。