■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゆるゆる効果

まだ超ゆるゆる(28P)を使っています。

自分の力で打とうとするとロクなことにならないから
ラケットとストリングに働いてもらうのです。


で、改めてT‐FLASH315や400iを使ってみると
球を捉えた感じが掴みやすくて
すごく使いやすかったです。

当然ストリングの硬さは全く違うのですが
フォアはヘッドを走らせる感覚が生かせるし
ボレーやスライスではラケットとストリングに任せる感覚が生かせます。

各ショットが簡単になったように感じました。



普通のラケット(テンション)と比べてみて実感しましたが
超ゆるゆるを使いこなすのは難しいです。

ただ返すだけなら楽ちんですが
このセッティングでラケットを振って打球をコントロールするには
きちんとヘッドを走らせないといけない。

押したらフカすし
スイングを緩めてもフカします。

それがいい練習になるみたいです。

人気blogランキングへ 新しいことに挑戦したい方は、是非。よかったらクリックをお願いします。






テニス仲間からは
球がすごく伸びてくる
と言われました。

難しいことは難しいのですが
もしこの超ゆるゆるを普通に使いこなせるようになったら…


夢は広がります。

スポンサーサイト
テニス・技術面 | 18:13:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ご無沙汰しております。
この記事で書かれているようなテンションを下げるのも面白いですし、ガットの穴を一つ飛ばしで貼り、縦横8本ずつくらいでガッと貼るのも面白いですよ。

ちなみに、WOODTENNISの方も再開したので、お時間のあるときに訪問してみてください。
2014-12-30 火 02:04:23 | URL | kobans1978 [編集]
おおっ!
お久しぶりです。

『子供に育てられる』は時々見させていただいていましたが、全面復帰されたのですね。
よかったです。
うれしいです。


こちらのリンクは近いうちに貼り直させていただきますね。
2014-12-31 水 13:50:03 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。