■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自分の打球

ゆるゆるにしたことで
インパクトの情報が得やすくなった気がします。

ストロークでもボレーでも
もちろんサーブでも
一瞬のたわみを感じて放つ球が
自分の打球だと思っています。



それを感じるためには
腕ではなく
ラケットとストリングに仕事をしてもらわないといけません。


ゆるゆるストリングは外テニスでも意外と普通に使えて
修得状況はまあまあというところです。

最近はこすりあげて距離を制御するのではなく
厚く当てた球で制御できつつあります。
(難しいけど)





スイングにおける私の悪癖は数え上げたらキリがないのですが
いい球を打ちたくなって体を回してしまう
というのが代表的なものとしてあげられます。


2~3球いい打球が続くと
もっといい球を…と欲が出るのです。


無くなってはいませんが
ゆるゆるを使って早く気づけるようになりました。



そういえばかつて『弓と禅』という本をご紹介しました。
その本より

「悪い射に腹を立ててはならないということは
 あなたはもうとっくにご存じのはずです。
 善い射に喜ばないことを付け足しなさい。
 快と不快との間を右往左往することから
 あなたは離脱せねばなりません」


私にとってテニスとは
快と不快の間を右往左往することから離脱するための
修練の場にもなってます。

人気blogランキングへ 悟りへの道は果てしなく遠い…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・メンタル面 | 19:13:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。