■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
前を向きたい

超ゆるストリングは継続しています。

コントロールというか
コースだけでなく球威も含めた打球の制御が難しいです。

一方で、当てさえすればとりあえず前に飛ぶので
ラクな部分もあるんですが。

修行は続きます。



さておき
このあいだのレッスンで
途中までまあまあだったストロークが突然崩れました。

理由はわかっていました。
上体を開いてしまうから。


『ヒラカナイ、ヒラカナイ…』
と唱え続けてプレーしたら
バックはすぐ治りました。
(病は気から!)

でもフォアはどうにもこうにも治らない。

特にラリーや試合形式といった生きた球になると
治る気配もない。


相手の打球が来て自分が打とうとするその時に
無意識に前を向いてしまうのです。


利き目とか構えとかきっと原因はあるのでしょう。

日によって程度に波はありますが
基本的に私はフォアで上体が開いてしまいますから。

ただこの日は程度がひどくて
私の体が
『フォアを打つときは前を向きたいのだ!』
と主張しているようでした。



あまりにひどくて治らなかったので
『そんなに前を向きたいなら
前を向いて打っちゃいなさい』
と開き直り
右足が左足より半歩くらい前に出る超オープン?なスタンスで
フォアのテイクバックに入ってみました。

もう上体なんて開き放題です。
テイクバックの前から開いてるんですから。

そこまでやってようやく
スムーズに振り出せるようになりました。


見た目に異様だったと思いますし
腰のあたりに負担がありそうな気もしますが
今回に関しては私の体が
『コレでよし』
と言ったような気がしました。



たぶん、ですが
打球から私を見て
肩が入る角度(深さ?)は
クローズでもスクエアでもオープンでも
変わらないような気がします。

クローズスタンスの時に前を向きたいから
肩の入れが甘くなるのであって
前を向けさえすれば肩を入れること自体に不都合はない。

構える私の実感としては
今回試した超オープンな方がしっかり肩が入る気がします。

肩が深く入る上に
前を向きたい私の体の要求は満たされる。


屁理屈かもしれないのですか理屈は通っている気がするので
どうしても上体が開いてしまう日は試してみようと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 20:53:50 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>でもフォアはどうにもこうにも治らない。

正に、私がこの状態です!!!

そうか、開き直れば、
開いた状態でもなんとか打てるようになるのですね?!

今日は、その「ひらめき」をチョット感じることができたし^^

2015-02-20 金 23:31:42 | URL | てにまま [編集]
※てにままさま

開き直りって、大事かもしれないです。

どうやっても体の開きが治らないなら
治そうとすること自体が間違いなのではないか。

そんな風に割り切ってみました。


この時は上手くいったのですが
次のテニスでは逆に開くことを意識してしまって
やや崩れてしまいました。

バランス、なんでしょうか。
難しいものです。
2015-02-23 月 14:12:50 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad