■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
丸坊主、泣く

人前で泣くなんて何年ぶりだろうか。

しかも職場で…。




前回の更新からずっと
仕事でシビアな状況が続いていました。

単に我々のミスとかであれば
・まず謝って
・可能な限り現状復帰させて
・再発防止を検討して
・さらに謝る
という具合にやるべきことははっきりわかります。
(それで事態が収まるかは別として)

ですが今回は
何がこちらの落ち度なのかわからない。





詳しく書くといろいろ支障があるので
今回の出来事を通して改めて確認したことの結論だけ。


『意志疎通支援』という考え方が
障害者支援の大きな柱のひとつになっています。

私たち支援者はその実現に向けて最大限の努力をしなければなりません。

が、どれだけ適切な意志疎通支援を提供できたとしても
重い知的障害を抱えた方が
いわゆる健常者である我々と同じ程度に
選択肢を検討してよりよい判断ができるようになる
と考えるのは幻想だと思います。

そういう意味では、ここには『絶望』があります。

しかし、重い知的障害を抱えている方は
発達や成長の可能性が全くない
と考えるのは間違いなく偏見です。

そういう意味では、ここには『希望』があります。


問題は
私たち支援者がその『絶望』と『希望』の間に立って
何を考えて、どんな行動をするのか。

そういうことなんだと考えています。





察しのよい方はお気づきかもしれませんが
今回の『シビアな状況』とは
私たちの『意志疎通支援』が
手段や手法ではなく
その根本の考え方から否定されたことにあります。

それが身内と言ってもいいくらい近い存在からだったので
完全に予想外で
悔しいという気持ちやら
現場の同僚たちが浮かばれないという気持ちやら
なぜあなたたちが!という気持ちやら
いろいろな感情が押し寄せてしまいました。
(で、泣いちゃった訳です)


この先働き続ける自信を失いましたが
丸坊主頭をフル稼働して
自分が何がショックだったのか言語化してみました。

それで少しは腹の虫が収まった訳です。


とはいえ
まだ奥の方でモゾモゾしていて
暴れ出したら私のクビにかかわってしまうので
予断は許さないのです。

人気blogランキングへ 宝くじでも当たったら…。よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


福祉の仕事 | 14:08:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad