■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
意志疎通支援
知的な障害を抱えている方々を支援しているわけです。

その中でも特に重度最重度と言われる方々が
利用者さんの8~9割を占めます。

私たちの支援自体はあくまでもツールでしかなく
目的はあくまでも
彼らが主体的に社会の中で生活すること
であります。

たぶん。





先日、人数合わせで行かされた研修で
鼻っ柱をぶたれたような気になりました。


○意志疎通支援なんて軽々しく口にしないでほしい

最低でも
①意志疎通支援計画を作る
②意志疎通支援責任者をたてる
③意志疎通支援会議を定期的に開催する
の3点全てを満たして初めて意志疎通支援のスタートラインに立ったと言うべき

という内容でした。


コレ以外にも

○福祉制度は進んできたけれども
親亡き後の保証なんて全然。
地域生活支援だって十分とは全然言えない。

福祉の仕事に就いている方々はどの程度自覚しているのだろうか。


というような話もあり
投げやりみたいな独特な口調と一緒に
強く印象に残りました。

この方も障害を抱えたお子さんがいらっしゃるそうで。





私は考え違いをしていたみたいです。

利用者さんの保護者からの不信感が消えない
などと嘆いていたのは
自分の視点だけでしかモノを見ないからであって
保護者側からすれば

意志疎通支援なんて偉そうなことを言ってるけど
どこまで突き詰めて考えているの?
自分らの自己満足なんじゃない?

と思うのは当然。

だって上記の①②③のどれも満たしてないんだから。

意志疎通支援の名のもとに
支援者の都合を混ぜていると言われたとして
反論するにしても何が証拠になるのか。



当然ですが
個別支援計画で言えば①②③全て満たしていますし
それ以上のこともしています。

が、基本的に個別支援計画は施設内での支援がメインです。
意志疎通支援的な内容は
入っている方と入っていない方がいて
入っている方もごく一部の内容にとどまっています。

意志疎通支援に特化した計画なんて
考えたこともありません。


恣意的に運用しているに過ぎない!
と言われて反論はできますが
『やってる』VS『やってない』
の不毛な水掛け論になるだけです。


しかも
元気に通えている間はみてくれるってことでしょ?

と言われたらグウの音も出ません。


ウチの施設に泊まれる設備はありませんし
その体制もない。

もちろん、どうにもならない緊急事態なら
なんとかするつもりですが
それは『ちゃんとした』泊まれる施設
(つまり入所施設)
に移るまでの一時的な対応でしかない。





この話
長くなりそうなので
続きは別の機会にします。

人気blogランキングへ ウチだけで全て満たせるわけではないのですが…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 23:29:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。