■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
こんなラケットだから?
WAVEXのAD2011というラケットを使っています。

118平方インチでスカッシュラケットみたいなフォルムの
珍しいラケットです。

そんなラケットだから…
という訳ではありませんが
初めてコートで会う方が私のラケットを見た時の反応って
気になってしまいます。


あくまでもざっくりで主観的で
科学的な証拠に基づかない印象でしかありませんが
私のラケットを見た反応については
こんな傾向があるように思えます。


初心者:
相手のラケットからプレースタイルやレベルを推し量るという習慣がない。
そもそも目が行かない。


中級者:
デカ厚ラケット=初心者、と思って軽く見る。


上級者:
一般的に見てこの年齢にはそぐわないデカ厚ラケットに
何か理由があるかもと疑問に思う。


ラケット好き(まれ):
滅多に見ない珍しさが気になって
つい質問してしまう。


ちなみに私は『ラケット好き(内気)』です。
珍しいラケットとか懐かしいラケットを使っている方を見ると
見せてほしいしラケット話をしたくなりますが
初対面だとなかなか言い出せない
的な。





初対面でプレーするときに
私のラケットを見て明らかに軽く見てくる方がいます。
(そりゃ見た目も弱そうだけど…)

確かに私はそんなにうまくないですが
さすがに初心者だと想定してプレーされると
相手は痛い目を見ると思います。

そういう方の実力はせいぜいが私程度なので
プレーしているうちに『あれっ?』みたいな感じになることが多いです。

意外と序盤はそのまま私ペースになったりして。


逆にうまい方や強い方は
ラケットを見た時点で『ん?』という感じになる方が多いです。

警戒、まではいかなくても
手の内を探るように慎重にプレーしてきます。


そもそも私のラケットに関係なく
上級者が私程度の中級者を相手にするときは
慎重に相手の力量を見極めようとする傾向があると思いますが。


ここにはなんだか大切なヒントがあるような気がしています。

人気blogランキングへ ラケット好きに悪い人はいない、かな?よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ラケット関係 | 09:14:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad