■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏祭り
土曜日曜と、職場近くの神社でお祭り  がありました。
夕食前から「ピーヒャラドンドン」と祭りの音がして
利用者のみなさんもソワソワしだします。

自分で行ける方は行ってもらって構わないのですが
障害が重めの方は職員が同伴しないと行けません。
片付けないといけない仕事をパパッと済ませて
すぐにでも連れて行きたいところですが
なかなか思うように進みません。

待ち遠しくてソワソワしている利用者さんをなだめつつ
食事介助をしたり、着替えを手伝ったり、トイレに誘導したり…。
そんななか、小遣いを自己管理している方が
もう使い切ってしまったらしく
お祭り用に小遣いが欲しいと訴えにきて 
その対応にも時間を取られます。


そんなこんなでなんとかすませて
近くの神社へGO! 


土曜日は物凄い人出  で、売店もほとんど売り切れ。
お祭り気分を味わっただけで帰宅。
日曜日は普通の混み具合で、ジュースを買ったりしました。
すると「おどりたいよぉ~」と言う方が数名。
一人ではちょっと心配なため、私も一緒に踊ります。

「ど~やっておどるの?」
と聞かれても、私も知りません。
でもまぁお祭りですし
踊りの見本らしき浴衣のおばちゃん達の動きを目で追いつつ
我ら数名でハチャメチャな踊りを
披露してきたのであります。 
ちびっこが口をあんぐりして見ていたので
相当凄かったのでしょう。 
まぁ毎年のことではあるのですが。


そういえば幼少の頃
どうしてもあの輪に加わるのが恥ずかしくて
どれだけ誘われても入れませんでした。
入ってしまえば楽しいもんですが。
繊細だったんだなぁ~。 
この仕事に就かなければ踊りの輪に加わることなく
一生を終えていたかもしれません。


そんな感じで数曲踊って
はじっこに移動して休んでいると
お祭りの手伝いをしている町内の奥様らしき女性が
「スーパーボールすくい」
に招待してくれました。タダで!
いや~、ありがたいことです。 


正直、我々一行は異様に見えるはずです。
わーわー言いながらピョンピョン跳ねる方がいれば
(よしなさいな)
お店の品書きの字を「じぃ~」と見つめ続ける方もいます。
(じゃまになりますよ)
あらぬ方向を見ながら歩いて木にぶつかりそうになる方がいれば
(あぶないって)
地面に寝っころがる方もいます。
(こらっ!)

我々の周りには微妙な空間ができるのですが
(まぁ仕方ありません)
こんな風に声をかけてくれる方もいます。

ここの地域は暖かい方が多いようです。
それだけでなく何かと手伝ってくれたり、気遣ってくれたりする人も多いんです。
ありがたいことです。


福祉施設の建設に反対運動が起こるのが当たり前の昨今。
ここまで受け入れてくれ、とは言いませんが
「変わった人間がいても、まぁいいよ」
くらいな気持ちでいてくれれば
地域で暮らせる方がもっと増えるだろうなぁと考えてしまいます。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 21:55:44 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
お友達の息子さんが、
福祉関係の職に就かれることになったそうです。
肝のすわったやさしい子で、私は彼がとても好きです。
2007-07-23 月 12:35:24 | URL | BOOH [編集]
*BOOH様

お知り合いが福祉職を目指されるとのこと。
なんだか嬉しいです。

「肝のすわった」方であるそうで、一安心です。

まぁ、そういう方ならどこでなにをしても
きっと大丈夫でしょう。

期待します。
(ってなんか偉そうですね)
2007-07-23 月 20:44:29 | URL | 丸坊主 [編集]
夏祭り、楽しまれたようですね♪
ご近所の方の配慮もうれしいですね。

娘の幼稚園はいろんな子供を受け入れる所でしたが
小学校は体制が無く、お友達と離れ離れになってしまいました。
説明が難しかったです。娘は普通に接していたので。
環境が整うのはまだまだですね。

頑張ってください(^o^)/


2007-07-24 火 00:58:17 | URL | ららこ [編集]
「体制がなく…」っていうのが、全てですね。

たぶん大方の人たちは
統合教育(だったかな?健常児と障害児を一緒に教育するってやつ)
の考え方自体には賛成してるんです。
十分にフォローする「体制」があれば。

教育に限らず、地域生活への移行等に関しても
同様だと思います。

正直に言って、地域生活を支えるサービスは
「すっかすか」と言っても差し支えないのが現状です。
現場にいるものとして「すっかすか」なりに
出来る限りのことを…と思っていますが
限界があります。

この国自体の体力を考えても
極端に状況が好転するとは考えにくいのですが
「環境が整う」日は絶対に来ると
思ってたりするんです。私。

無駄に楽観的なのかもしれませんが。
不思議とそう信じられるのです。
2007-07-24 火 18:13:32 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。