■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
現場に戻りました

今年度から支援の現場に戻りました。

1年半も事務所にこもっていたので体がもつのか心配でしたが
想像していたよりは動けています。

自分で思っているだけかもしれませんが。


利用者さんの状態は日々違うので
支援の現場にイレギュラーな出来事はつきものですが
年度末~年度始めのこの時期は
イレギュラー感が満載でした。

GWも明けて
ようやくその波が収まりつつあります。





新しい主任さんがきました。

ウチで働くのは初めてで
一年半主任代行をやった年上の部下(私のことです)
が現場にいるので
やりにくいであろうことは容易に想像できます。

なので、私は極力目立たないようにし
いらぬおせっかいをしないよう注意しなきゃと思っていましたが
思いの外スムーズに一介の支援員に戻れて
現場の支援に集中できています。

これも自分で思っているだけ?



代行とはいえ役が取れて初めて
ここまで背負ってきた責任の重さを実感しました。

思うところはたくさんあるのですが
目の前の支援に集中できるのは大変ありがたく
せめて今年度はこの立場を楽しみたいと思っています。

人気blogランキングへ あまり誉められた態度ではありませんが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 22:32:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。