■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ケアって、なんだろう?

『ケアって、なんだろう』
(シリーズケアをひらく/小澤勲著)


この本は知っていましたが
パラっと立ち読みして高齢者福祉向けだと思い
今読まなくてもいいだろうと放っていました。

そんな判断を強く後悔しています。



この仕事に就いて16年くらい経ちます。

いつからか
対人支援のコツやら考え方やらを言語化したい
という気持ちが強まり
断片的に試みているものの
なかなかできずにいました。


なぜ自分がそうしたいのかうまく表現できなかったのですが
この本を読んで
自分一人では見えなかった点や認めきれなかった点を指摘して
これまでの試みを統合してくれたような気がしています。



前書きからの抜粋ですが、この本は

『やさしくない自分が、やさしさが求められる現場で、どうすればやさしくできるか』
という基本姿勢のもと
『やさしさに至る知が求められている』
と理解し
その知を言語化しようという試みです。


その姿勢と実践の真摯さに強く心を打たれました。





下手で不器用で優しくなくて
この業界にいる価値がない私であっても
『やさしさに至る知』
を求める限り
この業界に存在する意味がある。

そう勇気づけられたように感じています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 07:09:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。