■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初めての経験と、手に入れた感覚
先日の当直明け。

一応15時で上がっていいことにはなっていますが
なんだかんだで夕食過ぎまで居残り。
(ねむ~い  )

翌日は早朝勤務だったため
普通だったら
「早めに寝てしまおう」
と考えます。

でもその日は違いました。


家に帰ると、なんだかむずむずします。
はじめは睡眠不足で疲れたせいと思いましたが
不思議と力がみなぎっています。

「これって、走りたいってこと?」

そう思うと急激に走りたくなって
行ってきました。 外へ。

今まで
「まぁ走ってもいいかな」
と思ったことはあっても
「走りたくてたまらない」
と思ったのは初めてです。

どうしちゃったのでしょう? 私。


そして走り出すと
足の後ろ側の筋肉に意識が伝わります。


前にも少し書きましたが
「センター 体軸 正中線」
(高岡英夫 著  ベースボールマガジン社)
という本によると
走るときにモモの前の筋肉を使うのは
効率の悪い走り方なんだそうです。
モモの後ろの筋肉を使うのが正しい。
走り始めてからずっと
モモの後ろ側に意識を集中していたのですが
筋肉が疲労するのは決まって前側。
上手くいかなかったのです。

それが今日は最初から
モモの後ろに意識が伝わる感じがしました。
それが楽しくて、結局2時間以上
走り続けていました。

もちろんいつものゆっくりペースです。

でも最長時間にも関わらず
あんまり疲れを感じなかったのは
モモの後ろの筋肉を使えたからでしょう。 たぶん。
求めていた感覚、一個ゲットです。
(テニスに反映されるかは不明)


この勢いで「センター」の感覚も手に入れたいものです。
ちなみに「センター」とは
「重力線とその延長線上に沿って形成された直線状の身体意識」
(前著より)
だそうです。
テニスで言う「軸」の意識と同じなのかもしれません。
そういえば「軸」の意識、私のテニスには乏しいです。



レースに出る気はさらさらないし
速く走りたい訳でもありません。

でもランニングを純粋に
「身体意識を習得する訓練」
として捉えるとホントに楽しいです。


以前の私のように
「マラソンなんて大嫌い。 5分でも無理」
という方がいらしたら
「身体意識」だけに集中して走ってみると
楽しめるかもしれませんよ。
(早くも先輩目線のコメントです  )


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 22:00:59 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
掴みましたね!!
なんか、すごいものを掴みましたね!
私はテニスを始めてからのジョギングで
3キロ以上走った事ないです・・。

でも、マラソンが嫌で運動部に入らなかった私が
「走っている」だけでもスゴイことなんです~(言い訳)

筋肉が使えてくると、走るのが楽しくなってくるんでしょうか?
私もその感覚、味わってみたいな~
走るのは辛いけれど、読んでいたら走ってみたくなりました!

2007-07-26 木 18:50:54 | URL | ららこ [編集]
走るって言っても、実際に私の走りを見たらびっくりすると思いますよ。
ゆっくりすぎて。

「走るのは辛いけど…」とありましたが、私は超ゆっくりペースなので辛くありません。
というか辛いペースだったら、続けられません。
意志が弱いので。

ものの本によると「ジョギングよりややゆっくりペース」でも、コンディションを整える効果はあるそうです。
それを長時間続けていると、走ることに対する器が大きくなり、最終的には速いペースでも走れるそうです。
私は速く走りたい訳ではありませんが。

走るのが辛いのは、おそらくペースが速すぎるのではないでしょうか?

3キロジョギングでも十分だと、私は思います。
ゆっくり走れば30分近くはかかりますし、「30分走る」って、結構やった感じになりません?
私も走るのは嫌いだったから、その辺の感覚は一緒だと思いますよ。

私はペースも距離も完全に無視して、「時間」だけ続けようと思っています。
一応、最低30分。できれば1時間以上。

元々我々は走ることに慣れてないのですから、内容はともかく、走るだけでも凄いことです。
2007-07-27 金 00:37:19 | URL | 丸坊主 [編集]
なるほど!
走ることを「身体意識を習得する訓練」とは考えたことはありませんでした。
でも確かに運動って自分の体と対話しながらやっているようなものかもしれませんね。あまり速すぎると体の声が聞こえなかったりするけど、ストレッチングやジョギングみたいなゆったりしたペースで体を動かしている時は自分の身体感覚みたいなものが研ぎ澄まされていることがあります。きっと自分の体の声が聞こえている時なのでしょうね。
僕も「ゆっくり」ペースでのジョギングをなるべく週2・・・いやせめて週1は行っていきたいなぁと思っています。(希望的観測ですが)
ちなみに僕はある先輩から「15分走らないと脂肪が燃焼しないよ」と言われてから15分を目安に取り組んでいます。
数ヶ月後にお互いの成果も報告しあえるといいですね。
2007-07-27 金 05:38:54 | URL | パオパオパパ [編集]
先輩!押忍!

試しにちょっと走ってみたところ、
私は明らかにモモの前の筋肉を使っているようであります。
これからは、気をつけてみたいと思います!

何よりも、
>>そう思うと急激に走りたくなって
行ってきました。 外へ。
この気持ちが、一番の収穫なのでは?
と思った次第であります!押忍!
2007-07-27 金 08:57:33 | URL | BOOH [編集]
*パオパオパパ様

私の意思が弱く「辛いのが大嫌い」なだけかもしれませんが(笑)。
そのせいか目に見える効果は現れていません。
でも今後も何か変化があったら、その都度お知らせしていこうと思います。
パオパオパパ様も、いい変化があったら教えてくださいね。
パクリに参ります。


*BOOH様

いえいえ、とんでもありません。
ランニングの先輩はBOOH様のほうです。
先輩に追いつくべく、精進します。

「走りたくてたまらない」が
ず~っと続けば大収穫なのですが。
やっぱり基本は
「まぁ走ってもいいかな」
っていう上から目線です(笑)。

まだまだですなぁ~。
2007-07-27 金 13:02:38 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。