■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ピュアドライブチームOS
完全に私の好みなんですが
ピュアドライブはチームの頃(2002年?)のカラーリングが一番素敵だと思います。

派手ではないのに強い個性を感じます。



ピュアドライブチーム(ノーマルな方)と
ピュアドライブロディック(コアテックス?初搭載の方)を使っていた時期があります。

どちらもよかったんですが最後まで体に馴染む感じが得られなくて
譲ったり売ったりしてしまいました。

加えて、ロディックの方は致命的にカラーリングに愛着が持てず…。



で今回、悪い病気が再発して
ピュアドライブチームOSをうっかり手に入れてしまいました。

仕方がないので
超ユル (AKプロcx16を28P) で張ってもらって
ついでにグリップを太くして鉛テープも張りました。



ノーマルなピュアドラチームに対しては
守備力はあがるけど攻撃が難しいという感想でしたが
ピュアドライブチーム
OSはそこまでの差を感じないけど守備力の高さはあって
かなり使いやすかったです。

ウーファー効果かどうかはわかりませんが
一度面に張り付いてから球が出るような感覚で
振り切ってもコートに収められる気がしました。

ただ、打球音は妙にビリビリします。
もしかしたらウーファーと超ユルは相性が悪いのかもしれません。



ストロークでは、スピンの時はスピン、フラットの時はフラット
というように
両者の差を強く感じました。

フラットドライブという中間がなくて
ある回転量を境にフラットかスピンかに区分けされるような。

そこらへんはピュアドラらしい人工的な打球感なんですが
攻撃と守備のメリハリはつけやすいです。


ボレーも面に張り付いてから球が出る感じがするので
キュっと握れば速い球
ボヨンと受け止めればドロップ
という感じで
打球の操作はしやすかったです。


サーブはまだ特性をつかみきれていませんが
振りきっても入る安心感はストロークと同様で
確率はよかったです。



ここまでよかった点をあげましたが
改造済みのAD2011と比べると
バウンド後の球の伸びが少ない気がします。

特に私の生命線であるバックのスライスでそう感じるので
もう少し重みを足しても変化がなければ
コレクション的な扱いになりそうです。

超ユルであっても振り切れる安心感は捨てがたいのですが…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ラケット関係 | 22:48:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad