■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
好調(スライスのみ)

先日の練習会はうまい方ばかりが集まって
ちょっと気後れしました。


『自分の打球を見ない』
『突っ込まない』
を意識してプレーできたので
今の課題はまあまあクリアできました。

このメンツの中でできたのは収穫と言えます。


この日はバックのスライスが好調でした。
コース、深さ、球威がほぼ思い通り!

上記の意識で姿勢が保てたからだと思います。
(フォアはまぁ…ですが、想定される範囲では制御できました)
(もともとの想定レベルがかなり低いのもある)



逆クロスやストレート方向に打つのはまあまあ得意なんですが
この日はクロス方向にもいいスライスが打てました。

『スイングは内→外』
『球の内側を捉える』
(さらにいい時:『上から潰し込む』)

私がスライスを打つときのイメージなんですが
このイメージなので当然クロス方向に持っていくのは難しいです。

クロス方向は球の外側へ面を立てる打ち方(チョップ的な打ち方)で
ごまかすことが多いです。

が、この日は上記の意識でクロス方向にも持っていけました。


この感じで捉えられると
球速はあんまり出ないものの弾んでから滑る
私が求めるスライスの打球になります。

本当にいい形で捉えると
コースや深さがイージーなのに相手が返せないスライスになったりします。
(さすがにこんなのはマレですが)



シングルスのゲーム形式をやりましたが
わざわざセンターに来た球をバックに回り込むくらい
スライスが楽しかったです。

ミスらない、というレベルではなく
ほぼ思ったように打球を運べました。



好調に浮かれて足下をすくわれる
というのはこの世の真理ですが
最近まで続いていた不調時の様子やそこから抜け出たきっかけについては
しっかり記憶しておいてこの先の波に備えなきゃいけないなぁと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


テニス・技術面 | 07:47:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad