■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
市民大会総括
足が動いてない


今年度の市民大会は3回戦でボコスカ(0‐8)にされた訳ですが
実感としては足が動いていないとは思いませんでした。

でも打球はことごとく浅くなっていたので
その通りなのでしょう。
(まだあちこち筋肉痛だし)

もちろん相手の打球が強かったのもあります。

強い打球に押されるのも
自分の打球が浅くなるのも
きちんと打点に入れてないのが原因。

足が動いていなかった。

そう考えると私の腹には落ちるのです。


終わってしまった以上、来年に向けて進むしかありません。


ただやみくもに『頑張って』足を動かすのは
どうやら正解ではないらしい。

それは理解しています。


私個人の感覚ですが
頑張って足を動かすと突っ込んで打球時のバランスを崩す
打球時のバランスを保とうとすると足が動かなくなる
ちょうどいい感じが掴めていません。

時々動いていてもバランスを保てて
『この感じ!』
と思うことはあるのですが
いつでもそれを表出できる訳ではない。

このあたりが課題になると考えています。



さて、ボコスカにされながらも気持ちは切らさずに
手持ちのカードで最後まで立ち向かったのは
自分自身で評価しています。

泥臭くつなぐプレーから
リスクをとって打ち込んでみたり前に出てみたり
反省点は山盛りですが戦い方の大枠としては
悪くなかった。

ただニュートラルなラリーから浅い球を送ってしまい
(送らされてしまい)
それを打ち込まれて終わる
というポイントが多すぎた。

なので
小さいチャンスからリスクをとって攻めたときのミスが
重くのし掛かってしまう。

リスクを取る以上ミスが増えるのはやむを得ないのですが
相対的にひとつのミスが重たくなってしまう。

加えて小さいチャンスをなかなか作り出せなかった。


相手が強かった。
一言でまとめるとそうなんですが
もし足を動かせれば
もしくは自分の足が動いていないことに自覚的であれば
もう少し小さいチャンスを増やせたでしょうし
リスクを取ったことからくるミスも相対的に軽くできたかもしれない。


試合の流れとして今何が起きているのか
おおむね正確に理解できていました。
だからするべきことも見えていた。
けれども、自分に何が起きているか
その理解はできていなかった。


体力や技術はもちろん足りていないのですが
おっさんテニスで戦っていく以上
テニス偏差値とでもいうべきものをもっと高めなければいけません。

道のりは果てしなく遠い…

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 19:45:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。