■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
EXO3グラファイト100S

買ってしまった訳です(中古)。

ストリングは色合いだけで決めました。
ソリンコのハイパーG120を40P


ずっしり感があるのに振り回しやすいのは
O3ならではだと思います。

ただしそれに乗っかってブンブン振り回すと…

打球感、重っ!

飛ばなっ!


となってしまいました。

第一印象は最悪。

完全に無しだなと思いつつも
せっかくだしもったいないから使い続けていたら
次第にコツが掴めてきました。

重さと振り出しのラクさに任せると
いい球が行ってくれます。

私の感覚的な話をすると
フォアとサーブでは薬指の力を抜いて握ると
ラクにいい球が行きました。

腕の力で振り回したい欲求を我慢できれば
オフセンターでも返してくれるし
それなりに使い勝手のいいラケットだと思いました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。






そういえば黄緑が眩しいストリング
ハイパーG120ですが
柔らかめのポリ
という感想です。

球を捉えた後の重さがブラックコードっぽいんですが
それよりは重くない。

4G125と比べると重い(≒柔らかい)。
ポリプラズマ123と比べるとかなり弾きが悪い。

知ったようなことを書いてますが
ラケットが違うからなんとも言えないのが正直なところです。

ラケットとの色合いで選びましたが
次はナイロン(たぶんAKプロcx)にするような気がします。
スポンサーサイト
ラケット関係 | 06:59:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad