■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
プロビームX‐BLADEミッドプラス(2005年モデル)

フェイス:98平方インチ
重さ:320g
バランス:305mm
長さ:27インチ
パターン:16×19



先日手に入れた同モデルのオーバーが意外と使いやすくて
素敵だなーと思っていたら
そこそこきれいなミッドプラスが激安で売られていたので
買ってみました。


オーバーにも言えることですがこのモデルのストリング選びは
慎重にしたほうがいいような気がしてます。

『こんなの、むしろ、簡単ラケットだぜ!』

なんて言えるくらいの力量の持ち主だったら
ポリでもなんでも張ればいいと思うのですが
いわゆる一般プレーヤーが扱うにはハードめなラケットなので
ストリング(とテンション)が大事になる気がします。


実力中級、筋力人並みの40代おっさんである私は
AKプロ16を46Pで張ってみました。

ハードめのラケットだから緩めに張りたい。
ストリングの弾きが欲しい。
けど、振りきった時の打ちごたえというか
『芯』みたいなものは感じたい。

そんな考えで選んでみました。



で、スクールで使ってみたのですが
一言でまとめると『攻撃専用ラケット』です。
(ブリヂストンでありましたね、こんなフレーズ)

バランスのおかげか取り回しはラクで
振れている分には実重量を感じることはなく快適です。
若干のしなりを感じ取れて球威が出ますし
回転もしっかりかかります。
イメージに近い打球の制御が可能です。

ボレーも腰より上で厚めに捉えて速い打球を打つ際には扱いやすい。


が、苦しい球をしのぐ時とかタッチ系ショットの時に

ん?

となりました。


慣れればいいだけかもしれませんが
感触の違いに戸惑っています。


これも外テニスでハードな球を受けてみないと
使いこなせるか判断できませんが
しばらく使ってみようと思います。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ラケット関係 | 09:52:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad