■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
使用ラケットの歴史 その3
社会に出てみると思いのほか忙しく、テニスのできない日々が続きました。
たまに大学の部活に顔をだすと若い子たちの打球に押し込まれて、早くも老いを感じます。

そのせいか、転職してテニス環境が良くなると

「ラケットを変えれば

        上手くなるかも病」


にかかりました。かなり重度の。
病を治すには何か買うしかない。
いつもの偏屈ショップに行くと、店長がこれを勧めてくれました。

「ヘッドのRAVE」

振りぬき重視の私の好みと、
かといってプレステージは使いこなせない私の実力と、
店の在庫余りとが重なった、最高の1本でした。

「98インチなのに中厚よりもやや厚いフレーム。
1/3インチロング。
このスペックで軽量」

と、あらゆる点で中途半端で
「あんまり売れないだろうな~」
いう感じのラケットでした。
カラーリングも地味だし。在庫が余る訳だ。

でもこれは良かった。
振りぬきがよく、軽いから取り回しも楽。
フラットで捉えた時の気持ちよさは抜群で、
かければ回転もかかってくれる。
最終的に4本揃えてしまったし  当分の間はこれでやっていくのだろうと思っていました。


ここで登場するのがテニスマスターM氏。
所属しているサークルでいつもこてんぱんにしてくださる、
かなりの使い手です。
その方曰く、


「お前は真ん中に当てるセンスが

   ねぇんだから、デカラケを使え」



とのこと。

今まで(特に大学の先輩から)

「ヘタクソ!」

だの 

「バカ!」

だの 

「お前と組んでると重り付けてるみたいなんだよ!」

だの  いろいろ言われてきた私ですが、


「真ん中に当てるセンスがない」


とは初めての言葉でした。
でも言われてみると目から鱗と言いますか


「そうか!

  真ん中に当てるセンスが

         なかったんだ!」



と、今までのテニスに関するモヤモヤが一気に晴れたような気になったのであります。
そうなるとデカラケが欲しくなって、いてもたってもいられなくなります。
そこでいつもの偏屈ショップに行くと、店長がこれを勧めてくれました。

「ヘッドのメタリックス6」

ヘッドのラケットにしてから、あの扁平グリップの虜となり
「ヘッドでデカラケで、できればシングルスにも使えるやつ」
とリクエストしたら出してくれました。

これはどう好意的に見ても愛着の持てないシルエットで
(変な羽みたいなの付いてるし)
誰に見せても「何これ?」とイロモノラケットみたいに扱われます。
(フォルクルのパワーアームみたいなものね。あれも試打していいラケットだと思いましたが)

でもこれはいい。

そりゃ振りぬきはRAVEに劣ります。
第一フェースの大きさが全然違います。
(RAVEは98インチでこっちは115インチ)
でもこの大きさにしては悪くないし、パワーアシストも控えめ。
スイートスポットを外すと打球感が変わりますが(当たり前か)、
とりあえず球は返ってくれる。
フェースがでかいのにガットが16×19だからか、食いつきがよろしくて回転がかかる。
私程度のスイングなら振り切っても飛びすぎることはなく、
厚ラケ特有のカンカンした打球感もない。

そうやって使い込むうちに、妙な見た目がたまらなく愛しく見えてきます。
(そういう販売戦略だとしたらたいしたものだ)
唯一の欠点はグリップチェンジ。
私は打つ前までスロート(でいいんでしたっけ?ガットの下のV字の部分)
を左手で持っていたいのですが、さすがにこの形状だと持ちにくい。
かっちり持ちたいのに、厚いは丸いは変なの付いてるはで添えるように持つしかありません。
それだけ我慢すればいいラケットです。
勝率はともかく  シングルスにもこれで出ています。
(試合後にアドバイスを求めると、まずラケットにつっこみが入りますが)

そして現在に至るのであります。
もう当分変えずにいきたい…。

このシリーズおしまい。


追伸:昨年11月発売なのですが、まだこのラケットを使っている人に出会いません。
    メタリックス6を愛用しているという方がいらしたら、ご連絡ください。
    このラケットの素晴らしさについて語り合いましょう!


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト


ラケット関係 | 00:02:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。