■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
マンティスプロ295

前記事までの流れをぶち切ってますが、現在メインで使っています。
もちろんヨメには内緒です。


薄めのフレームだから全面ボックス形状かと思っていましたが
スロート部分がボックス形状で、フェイス部分がラウンド形状でした。
そのせいか、薄めのフレームから想像していたよりは弾きがあるように感じました。

ストリングを何にするかで印象は変わるのでしょうが
巷のインプレのように『飛ばない』とは感じませんでした。

ちなみに私はXR3を50Pで張っています。
丸坊主基準ではかなり硬めにしてみました。


打球感は硬めです。
金属的な硬さではなく、硬さの中にしなやかさがあるような、なんとなく木刀っぽい硬さのように感じました。
使ったことがあるラケットで言うとグラファイトミッドの打球感に似ています。
295のほうがずっと取り回しがラクですし、弾きもありますが。

振れば振ったなりの、かければかけたなりの打球が出て行くので
球威や回転量を含めたコントロールに対する信頼感が高いです。
 (当然ミスヒットはミスヒットなりの打球になります…)

取り回しはラクですがフレームのしっかり感と多少の弾き感のおかげか、打ち負ける感じはありません。
まだ試合では試していませんが、ここまで使った印象だとかなりの球威を相手にしても負けないフレームだと思います。

ただしラクちんラケットではないので、それなりに振り切ることが求められます。
取り回しのラクさに乗っかろうとすると痛い目を見ると思います。

いろんな所で使われている表現ですが、一言で表すと『ツアー系軽量ラケット』となります。


ツアー系軽量ラケットを探してて
ヘッド風の扁平グリップが気にならなくて (もしくは扁平グリップが好きで)
変な機能が付いてないラケットを探している方にとっては選択肢に入ると思います。


今回は試打もしないで新品を買いましたが、今のところ当たりでした。
真っ黒なカラーリングが特に気に入ってます。
 (Ⅱは色が入っちゃったから初代にしました)
 (ホントは初代ももっと黒が多ければよかったのに)

人気blogランキングへ こだわっているようで、実はカラーリング優先だったりして…。よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


ラケット関係 | 23:15:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad