■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
マンティスプロ295Ⅱ
先日ヨメの目を盗んで購入したマンティスプロ295ですが、同モデルの最新版としてⅡが出ています。

そのⅡが我が家に来ました。
もちろんヨメには内緒です。



さて、スペックですが

・プロ295
フェイス:98平方インチ
重さ:平均295g
バランス:320mm
パターン:M16×C19

・プロ295Ⅱ
フェイス:98平方インチ
重さ:295g
バランス:325mm
パターン:M16×C19

となってます。
初代よりⅡのほうが5mm頭寄りのバランスになっているだけで、他は同じです。

説明によると『グラファイトのレイアップ角度を云々…』とか『様々なストリングパターンに対応できるよう…』とか書いてありましたが、その辺は私にはよくわかりません。
(レイアップ角度ってなんでしょう?編み込みの角度?)


あっ、あと、Ⅱはフレームの一部に赤色が入りました。
どうでもいいことですが、個人的にはカラーリングが大事なので。



肝心の初代とⅡを打ち比べた感想ですが、正直違いはわかりません…。

しっかりフレームで硬めの打球感。
取り回しはラクだけどきちんとしたスイングを求められる。
振ったら振ったなりの、かけたらかけたなりの打球が出ていく。
いくらか弾きは感じるものの自分のスイングがそのまま反映される。

そんな感想です。
(初代と同じです)


振った感じの違いは5mmのバランスの差もあるでしょうが、フレームの個体差の範囲内という気がします。
私が調べた範囲ですが、最重量と最軽量で10gくらいの差があるようです。
それだけ差があれば振った感じが変わるのは当然かと。


ストリングは両方ともXR3を50Pで張りました。
初代の方が2週間程度先に張り上がっています。
時間によるストリングの差とフレームの個体差を感じるくらいで、ラケット自体の差はわかりませんでした。

それだけに初代からの乗り換えを考えている方にとっては、不安が少ないと言えます。

私のように両立することも問題ないです。
たぶん。
(私はにぶいのでアレですが…)



初代のインプレで
『薄目のフレームから想像していたよりも弾く印象』
みたいなことを書きましたが、あえて、無理矢理違いを絞り出してみると、Ⅱのほうがパワーがあるような、弾きがあるような気がします。

バランスの差を意識しているからそう感じるだけかもしれません。

なんにしても、気持ちよく振っていけるし、軽めである程度のラクさもあるし、これからのテニスが楽しみで仕方ありません。

人気blogランキングへ 新品を2本なんて何年ぶりだろう…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ラケット関係 | 14:19:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad