■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヘタレをやめるの
ちょっとばかし前の話ですがテニスジャーナルの7月号に
(旧バージョンの最終刊ですね)
「あとちょっとが足りない アマチュア選手の弱点」
という特集がありました。
(見ました?)

そこに
「狙いが明確なボールが返ってきたら、こちらとしてはわかっていても焦る。
 そうなると、もう実力差やレベルの差は関係なくなり・・・」
(P.27)
との記載がありました。


実は

これこそ、今の私が求めるもの!

なんです。


自分のショットに意図を持たすことができれば
今、自分が囚われている不安
過程よりも結果を求める気持ち
そういったものを振り切ることができるのではないかと
考えているのです。


シングルスなんかやっていると
なんでもいいから勝ちたい訳です。
もっと正直に言うと
ミスしたり負けたりするのが怖い訳です。
 (えぇ、ただのヘタレです  )

だからついつい結果を求めてしまいます。
早くポイントが欲しい、という気持ちになって
自分から崩れてしまうのです。
 (ダブルスだとそうでもなく、純粋に楽しめるのですが)


でも自分のショットに意図を持たすことができれば
その意図の選択が適切だったかどうかが問題になるだけで
「結果」ではなく、ポイントを取る「過程」に集中できるように思えます。

意図を持たせたショットを、それ以上のもので返されたら
「あ~、そうきましたか」
と受け止められ
「じゃあ、こんなのはどうでしょう?」
と相手とのやりとりができるのではないでしょうか。
「結果」を乗り越えて。

私の数少ない「いい時」の経験を思い出しても
そんな気がするのです。


今の私は
「技術レベルを上げる」
ことよりも
「試合に対する取り組み方」
を変えることを意識しています。

それができるだけで
相当なレベルアップに繋がるはずだと思っているのです。


一口に言えば「メンタル面の強化」ってことなんですが
やみくもに
「気持ちを強く持つ」
とか
「意思の力」
とかを全面に押し出しても
効果は少ないように思えます。
きっとココにも、いわゆるコツがあるはず。

それが知りたくて、仕方ないのです。



前に書きましたが
テニスマスターT氏の言葉が
ず~っと引っかかっているのです。

「正しいテニスをして正しく勝つ。

 負けるときも正しいテニスをして

 正しく負ける」



自分自身の精神も含めて
シングルスの試合をコントロールできる
そんな日が来ることを希望して。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 19:58:17 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
まず把握
「正しく負ける」ですか・・・深いですね。
試合に出始めた頃は、試合内容を人に伝えられなかったんです。
最近やっと、何がダメだったとか、こうしようとしたけど失敗した、とか
(あれ?敗因ばっかり??)説明できるようになったんです。
「正しく負けてる」かは分かりませんが、自分で把握出来るようになったのが成長したな~って思います。

私もますますシングルスモードです。
がんばりましょう!!



2007-08-13 月 23:30:56 | URL | ららこ [編集]
読み
自分のショットに意図を持たせる・・・深い言葉ですね。
そう言えば同じレベルくらいの相手と打ち合っている時なんかに、相手はフォアを続けると崩れやすいから「こう攻めて、ああ攻めて、次はあそこで決めよう」などと組み立てを考えながらテニスをしていたことがあったなぁと人ごとのように思い出しました。
今の僕は「あっ決まっちゃった!ラッキー」くらいの結果オーライテニスなので反省させられます。やっぱり自分のショットをある程度コントロールできるようにならないと面白味も半減しますね。
そう言えば上手な方のプレイを見てると試合の流れ(相手の動き)をしっかり読んで上手に組み立てていますね。早くそう言うレベルでテニスがしたいものだと思っています。
2007-08-14 火 07:37:50 | URL | おやじ [編集]
*ららこさま

>自分で把握出来るようになった

自分のことを把握するのって
凄いことだと思います。
間違いなく成長です。

私も最近シングルスモードでして
今日も夕方から
シングルス練習試合の予定です。

シングルスマスターを目指して
お互い頑張りましょう!
おーっ!



*おやじさま

>自分のショットをある程度コントロールできるようにならないと面白味も半減しますね。

全くそうですね。
ショットももちろんですが
試合の流れ、自分の精神状態
そういったものもコントロールできれば
今と同じ実力でも
大きくレベルアップできるはずだと
考えているのです。

試合中、不安にとらわれているようでは
まだまだなんですが…。
2007-08-14 火 10:19:54 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。