■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コツ…なのかな?
シングルスにおける(ダブルスでもいいのですが)
「やりとり」
の件で、先日テニス仲間と話し合う機会がありました。

彼曰く
「その考えは甘い!
 結果を求めて、その上で得てこそ本物ではないか」
と。

言われてみると確かにそうだよな~と
早くも気持ちが揺らいでしまうのですが
 (疑うことを知らない私  …)

私はこう思うのです。
 (…からの脱却!  )



強くなる道順はひとつではない。はず



確かに彼の言うやり方は、まっすぐに見えます。
それで強くなれる方はそれでいいのでしょう。
 (正直、憧れます)
でもその一方で、私のように「結果」に囚われて
恐れ・不安といった感情で自分を崩してしまう
そんなメンタルの弱い人間もいるんです。

そんな人間に
「まっすぐ結果を求めていけ」
と言われても
道のりは険しく、遠くなるばかりです。

あえてそれを乗り越えていく努力というのも
確かに美しくはあるのですが
ズルい私は
「弱い者には弱い者なりの道順があるはず」
と考えてしまうのです。


チト抽象的な表現になりましたが、要するに
『「過程」に目を向けることで「結果」の重圧から目を背けること』 は
私のようなメンタルの弱い人間が強くなるための
コツではないかと思うんです。


前にも書きましたが、私は
あらゆるモノゴトにはコツがあるはず
だと信じています。


つまり「やりとり」だけに目を向けるのは
メンタルの弱い人間が強さを得るコツなのではなかろうか
ということなんです。

(ちなみに彼は「結果」から目を背けるという考え方が
 邪道だと言いたいようです)


確証なんてなんにもありません。
ただそう思ったというだけです。


ここに来て、このブログの意義を
理解したので、ここに宣言します。

私がこう考え、
「やりとり」だけに目を向ける手法を
(「結果」の重圧から目を背ける手法を)
試行錯誤し、洗練化します。

その過程を、失敗も含めて
ブログに記載します。

そうして、この記録を
「私のような弱さを抱えたプレイヤー」
 (↑ここ大事。こういう方限定です)
にとって参考になるものにします。


最終的に私が強さを手にできるのかわかりません。
やっぱりダメで、違う道順を求めるようになるかもしれません。
 (ありえることです)

でも、その途中経過を記録することで
どこがダメだったか、どれが間違いだったか
分析することはできます。

後から来る方は、私がつまずいた所を避ければいいんです。


はたしてこのコツが本当にコツであるのか?

乏しい実力ながら、少しずつ検証していこうと思ったのであります。

対話は理解を深めてくれます。
Sさん、ありがとう。


こんな話題の後でなんですが(笑)
ガットの話、テニス関連商品の話、テニス本の話
は随時アドバイスを受け付けておりますので
耳寄りな情報、ちょっとした豆知識など
お持ちでしたらコメントなんかいただけますと嬉しいです。
ホントによろしくお願いします。 

人気blogランキングへ こちらもよかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 21:17:15 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
テニスへのアプローチの仕方は人それぞれですから、
弱気でも何でも無いと思いますよ!

私はやりたいテニスのイメージがあって、
近づくために練習をして、その結果、試合で勝てたら格好良いな!
って思っています。
・・・・が、素敵なフォームで気持ちよく当てているだけじゃ
勝てないんですよね、当然(+_+)。

「やりとり」=「戦略」・・・かなぁ!?
スゴク良いと思いますよ!!

2007-08-16 木 00:33:20 | URL | ららこ [編集]
*ららこさま

要するに彼は
「結果とは求めて得てこそ価値があるのだ」
と言いたいようです。
シングルスで言えば「勝ちを求めて勝つこと」。

私も当然「勝ちたい」訳ですが
試合中にその意識があると
不安や恐れに体が縮こまって、いいプレーができないのです。
メンタルが弱いから。

なので、プレー中は「勝ちたい」意識をどっかに置いておいて
プレーそのものに意識を向けたい訳なんです。

でも彼にはそれが納得できない。
そういう考えは「同レベルが本気で競り合ったら通用しない」
と言っています。

もしかしたらその通りなのかもしれません。

でもホントにそうなのか?
プレーだけに目を向けるのは、彼のいう「逃げ」でしかないのか?
この先、私自身を使って確かめてみようと思うのです。
2007-08-16 木 08:24:39 | URL | 丸坊主 [編集]
大変いいと思いますよ。
丸坊主さん

いつもコメントありがとうございます。
早速お邪魔します。

”プレー中は「勝ちたい」意識をどっかに置いておいて
プレーそのものに意識を向けたい”

私は大変いいと思います。
ぜひ追求してみてください。
結果を教えてくださいね。

ご参考までにゴルフの場合、

必ずしも競っている相手をみながらプレーするわけでもなくいので自分のプレーそのものを意識するスポーツです。

スコア・ボードには時々刻々、参加者全員のスコア経過が出ますが、それを見ないようにしてプレーに集中するプロも多いです。
それによってベストのプレーをすることができ、優勝につながることもあります。

勝ちたい気持ちを高揚させることでアドレナリンを出して、気持ちも制御していつも以上の実力を発揮し好結果に結びつけるのは難しいとは思います。

自分にとっての最高のプレーができるようになってから、次の段階として考えるようになればよいのではないでしょうかね。

ブログランキング応援のプチしておきまーす!
2007-08-18 土 22:19:31 | URL | テニスマン [編集]
*テニスマンさま

励まし、ありがとうございます。

なかなか自信を持って「これだっ!」って
言えないんですよね。性格上。

こういう励ましをいただけるのは
大変ありがたいです。

あとゴルフの例え話、とてもわかりやすいです。
多謝!

経過は成功も失敗も含めて
ご報告することをお約束します!
2007-08-20 月 21:54:06 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。