■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ギラギラを取り戻すの
シングルスの調子が良かったので
油断があったのかもしれません。


ここ最近戦績がいい「男ダブだけやるサークル」に
意気揚々と参戦したものの、結果は2勝3敗。 

辛口テニスマスターM氏からも
「なんか小さくまとまってて、発展性がねぇよ」
との指摘を受ける始末で…。
(これって致命的じゃない?  )

奇しくも先日、幼馴染の幼馴染君と飲んだ時にも
同じような指摘を受けたんです。


「やりとり」に気を取られて
「がむしゃらさ」を忘れてしまったのでしょうか?
だとしたら先の区民大会と
同じ過ちを繰り返していることに…。


もう、なにがなんだか…。 


こういった迷いからどんどん崩れていくのが
丸坊主的スランプのパターンなんですが
今回は違います!  (たぶん)



こういう時は 基礎練習 に限る!



しばらくお休みだった「私主催の基礎練習会」が
ようやく再開。
ここで新たな試みを始めました。


それは…



男気のあるスピンサーブの復活



実はこう見えても私、学生の時はスピンサーブ一辺倒だったんです。
調子のいいときには結構キックしてたりして。
 (いやいや、ホントに。ごく稀でしたけどね)

腰を痛めて封印したのですが、腰痛だけが原因ではなく
「サーブだけでポイントが取れる訳じゃないし…」
とか
「サーブに力を使いすぎて、次のプレーに支障が出るし…」
とか
「単純に疲れる」
とか
そんな要因もあったんです。

基本的に私は自己評価が低いので
「私程度のプレーヤーがショットの威力なんて求めても…」
って考えてしまいがちなんですよ。

でも一人ならず二人にまで「小さくまとまってる」なんて言われたら
その殻を破ってやるしかないでしょう!


という訳で、久々に打ってきたんです。
スピンサーブ。
(基礎練習会では必ず「サーブの打ちっぱなし」をやります。結構長めに)

流れる月日には勝てずかなり錆付いていましたが
いい形で打てると、あの頃に近いキック気味な軌道を見せてくれます。
確率はまだまだ全然低いものの
何も考えず「いいショット」を追い続けていた
若かりし頃を思い出しました。
 (すごく疲れたけど)


なんて言うか、そう

この ギラギラ感!


プレーのベースとして求める「がむしゃらさ」を
より強固に支えてくれそうな、この感じ。

不思議なことに、サーブでギラギラ感を取り戻すと
ストロークにまで似たような効果が!
ギラギラした男気のあるフォアハンドを
自然にイメージして打てたのです。
 (実際のショットがどうだったかは別)


やはり私レベルでは
基礎練習をおろそかにして試合ばっかりやっていると
ダメですね。崩れちゃって。

理想とするプレーでの「やりとり」も
ある程度の基礎技術がないと話になりません。


なんか、あっちが良くなるとこっちがダメになって
「もぐらたたき」みたいになってますが
これらをうまく統合できたら
その先には、きっと明るいテニス世界が開けるはず。
そんな風に思ったりするのです。

もっとギラギラしよう!

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 22:44:35 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
ギラギラ感ですか!(笑)
なんか、高校生のパワーと回転グリグリで押せ押せのテニスを想像しました。
まだまだやれるうちは、そのスタイルで通すのもいいんじゃないですかね。
ただし、ギラギラテニスするならフィジカルケアは念入りにしてくださいねー。

私は冷静沈着なテニスを目指してますが、「おりゃー!」「うりゃー!」「ぐえぇぇ!」って掛け声?がでてるうちは無理そうです。v-406
2007-08-19 日 13:55:44 | URL | 和 [編集]
「挑戦する事を辞めた時が青春が終わる時」って
誰かが言ってました。
ずっと何かに挑戦していきましょう♪


2007-08-20 月 00:50:20 | URL | ららこ [編集]
「もぐらたたき」って、上手い表現ですね!
2007-08-20 月 13:24:40 | URL | BOOH [編集]
ギラギラした男気!!
いやぁこれ重要ですよ!
私はスランプ前に必ず勘違いの好調期があります。
好調なのは自信があるからで(これが勘違いの場合多い、でも5%は間違いではないと信じます!)大抵こういう自信って一方向からの見方で固まっています。
多方面から冷静に自信持てたらそれは本物ですよね?
自信持ってプレーして確信になり、それがまた崩されて再構築していく作業を続けることでうまくなるって信じて私はテニスバカやり続けていきますよ!

ギラギラした男気のあるプレー、これ頂きました!
2007-08-20 月 19:31:13 | URL | どさんこ。 [編集]
*和さま

私は「男気スピンサーブ」を打つと
「うらっ!」とか「んがっ!」とか
男らしいうなり声を上げてしまいます。

他はいたって静かなんですが…。

>パワーと回転グリグリで押せ押せのテニス

正直憧れますが、もうムリです。
でも気持ちはそんな感じです。
フィジカルケアはホントに大事です。
この年齢になると…(涙)。


*ららこさま

>「挑戦する事を辞めた時が青春が終わる時」

素敵ですが、いつまでも青春気分の30↑ってのも
どうなのかな~なんて思ったりして(笑)。

でもギラギラすると、気持ちは戻ってしまいますね。
若かりし頃に。
(この発言がもうおっさんくさい)


*BOOHさま

>上手い表現

ホントにそんな気分になります。
まぁ今に始まったことではありませんが。

フォアが良くなればバックが崩れ
サーブが良くなればリターンが崩れ…。

同じように、「やりとり」ができるようになると
「がむしゃら」を忘れてしまうんです。

不器用すぎる…。


*どさんこ。さま

>自信持ってプレーして確信になり、それがまた崩されて再構築していく作業を続ける

全く同じです!

今回は「やりとり」が上手くいったのですが
「がむしゃらさ」が薄れてしまって
いつもの「スマート癖」が出てしまったと
自己分析しています。

なにをおいてもベースは「がむしゃら」から。
ギラギラすると自然に「がむしゃら」になれる気がします。

これから気持ちが「スマート」の方向に流れそうになったら
「男気スピン」を打ち込むことにします!
2007-08-20 月 22:08:04 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。