■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
太陽もギラギラ
はぁ~っ。
ため息しかでません。


「お盆も過ぎたし、ダブルス2時間だから、なんとかなるでしょう」

と参加したダブルス練習試合。


ギラギラになるべく、肩が温まる中盤まで待って
満を持して 「男気スピンサーブ」
を打ち込んできた訳です。


でもこれが使えない…。


流れ去った月日にヤラれて
錆び付いちゃったとしか思えません。

キックするどころか跳ねも伸びもしない。
ただの「縦回転サーブ」になっていました。
そのクセえらい疲れたし。

うなり声(「うらっ!」「んがっ!」)だけは
男気に溢れてたけど。

やっぱり練習で多少打てたからといって
試合で使うとなると、また別物なんですね。
 (ギラギラにはなれたよ)


その後もギラギラになれたのはいいんだけど
バックのパスをバカ打ちでフカすこと数回。
 (丸坊主的にはミスショットの中でも最低なものの一つです)


うだる暑さにもヤラれて、要所要所で
偏差値の低いテニスをさらしてしまいました。
これなら「小さくまとまった」ほうがマシだったかも。


そういえば学生の頃は
こんな感じのテニスだったような。

アグレッシブ ≒ ギラギラ ≒ 偏差値の低いテニス

求めているのはこういうラインじゃなかったのだが。


ダブルスだったから上手くいかなかったんだ!

そう思い込むことにしよう。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 18:55:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad