■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
振り返ってみる
今日、上手くいかなかったのは何故だろう?


特に悔やまれる「バカ打ちバックハンドのフカし」は
相手ペアが並行陣を作って
深めのボレーでプレッシャーをかけてきた状況で起きました。

2球連続でバックハンドのハードヒットが返るが
相手は同じバックにボレーを送ってきた。
3球目にフカしてアウト。


そもそも、最初の2球をハードヒットしたことが間違いではなかったか。

ここで丁寧に沈めて相手にボレーさせ
甘くなるまで我慢するのが丸坊主の「正しいテニス」ではなかったか。


このミスショットが象徴しているように
今日は
「苦しい状況でも丁寧につないで、チャンスが来るのを待つ」
べきところを
ギラギラしすぎて打ち込んでしまった。


ギラギラしていただけに
「攻めるべき球を思い切って打ち込む」
のはできたし
「明らかに守るべき球」
もしっかり守れました。

試合において最も頻度が高い「つなぐべき球」の
見極めを忘れたところに
上手くいかない感じがしたのではないか。

こうなるともう「勢いで押し切る」しか
プレーのパターンが無くなってしまいます。

元々そういうプレースタイルではないし
ムリが出るのは当然でした。


ギラギラしつつも冷静にショットの選択をする。


そんな綱渡りみたいなことが、果たしてできるでしょうか?
大きな課題が出てしまいました。

ついでに「男気スピンサーブ」の練習も必要ですな。
うなり声だけじゃなく  。


こんな話題の後でなんですが(笑)
ガットの話、テニス関連商品の話、テニス本の話
は随時アドバイスを受け付けておりますので
耳寄りな情報、ちょっとした豆知識など
お持ちでしたらコメントなんかいただけますと嬉しいです。
ホントによろしくお願いします。 

人気blogランキングへ こちらもよかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 23:47:12 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
>ギラギラしつつも冷静にショットの選択をする

これいーーーっつも言われてます e-330
なんていうか・・・いい判断ができている時って
視点が俯瞰なんですよね。

ギラギラしつつも、ちょっと他人事というか・・・
めったにそんな風にはなれませんが。
2007-08-22 水 11:00:32 | URL | BOOH [編集]
試合では冷静でいたいけれど、
決して「相手のミス待ち」みたいな消極的なテニスは
したくないですよね!
バランスが難しい・・・(*_*;)。
ミスの無いギラギラ・・・!?
それが出来たら最強かも~~



2007-08-22 水 23:47:32 | URL | ららこ [編集]
>ギラギラしつつも冷静にショットの選択をする

うんうん、わかりますよ~。
ギラギラだけだとふかしちゃいますもんね。
私は「虎視眈々とチャンスを狙う」ってのをモットーにしてるんですが・・・虎視眈々の部分が難しい!
せめて「うりゃっ!」「そこだっ!」っていう掛け声はかけないようになりたいもんです・・・v-406
2007-08-23 木 13:08:03 | URL | 和 [編集]
*BOOHさま

>視点が俯瞰

確かにいい状態だとこうなりますよね。
集中してるのにいろいろ見える、みたいな感じで。
でもこのいい状態。
努力してなれる訳じゃなくて
なんか「降りてくる」モノみたいなイメージがあります。

たぶん今私が悩んでいるのは
そういういい状態になる前の
「努力すればできる」
範囲でのことなんだと思います。

上手く表現できないのですが…。


*ららこさま

>消極的なテニス

そうなんです。
「やりとり」を意識しすぎると
「スマート」とか「ミス待ち」とかに
流れがちになって…。
困ったものです。


*和さま

>虎視眈々とチャンスを狙う

これ、理想ですよね~。
ダブルス前衛時、虎視眈々とポーチのチャンスを狙って
ストレートを抜かれたりするんですが(涙)。

2007-08-24 金 00:48:03 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad