■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
治療法ヲ求ム
先日、某所でシングルスの練習試合に行ってきました。
参加者は私を含めて4人。
最近やる機会がめっきり減っているハードコートで、ちょっと嬉しかったです。


初戦は高校生くらいの方。
フォアは厚めのグリップで、バックは両手打ち。
思った通りストロークが力強くて押し込まれました。
「若いっていいな~」  とおじさん目線でプレーしていましたが、
若さのせいか勝ちを意識したのか、途中からみるみる崩れていって、
結局勝ちが転がり込んできました。(6-4)
楽天の野村監督は著書で
「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」
と書いていましたが、全くその通りの「不思議の勝ち」でした。

自分の良かった点を上げると
①ダブルフォルトが1個だったこと
②バックのスライスがよく滑っていたこと
の2つ。
勝ちはしたけど、相手のほうが上手かったな。


2戦目はこの練習試合を主催してくださった方。
40才くらい?
後ろからフラット気味にガンガン打ち込んでくるのに、ボレーも上手い。
ファーストサーブは速いフラットで、セカンドはスピンが効いている。
完全に格上の相手で完敗。(3-6)
実はここ1~2ヶ月ほどスイングが小さくなっていて、自分から打ち込めなくなっています。
なのでガンガン打ってきてくれるこの方はある意味やりやすいタイプのはずですが、
カウンターを狙う余地もなく粉砕されました。
スコアを見ると健闘したように見えますが、内容は一方的です。
私レベルだと
「とりあえず深く返しておけばなんとかなる」
というのが困った時の対処法なのですが、
この方は深く返しても打球が緩ければ打ち込んできます。
ロブ気味の球で時間を稼ごうと思ったらボレーでカットされました。
一応「ボレーを打ちたい」ので無理やり前に出てみましたが、
その前のアプローチの甘さを突かれてあえなく玉砕。

自分の良かった点を上げると
①ダブルフォルトが0個だったこと
②初戦と同様にバックのスライスがよく滑っていたこと
③にわかシコラーになってみたりボレーヤーになってみたり、いろいろ試したこと
の3つ。
緩いと打ち込まれるからサーブも強めに打っていって、それでダボ0個は収穫でした。
アドバイスをいただくと

「どこかで打ち込むなり前に出るなり

しないと、ポイントは取れない」


とのこと。
全くその通りです。


次は自分よりいくらか若く見える方。
20代後半?
すらっと背が高くてかっこよく、見た目の通りサーブ&ボレーが主体のスマートな方でした。
(こういうプレーヤーに憧れます) 
見とれていた訳ではないのですが、華麗なサーブ&ボレーになす術もなく0-6。
あまりに早く試合が終わってしまったので、もう1回お願いして1-6。
後で話を聞くと「自分から打ち込めない」ことがバレていて、
意図的に緩いサーブ・緩いストロークにしたというではないですか!
これでは負ける訳で。
しかも初戦・2戦目と数が少なかったダブルフォルトが、ここにきて全開に。
どう調整しても入らなくなり、1セットで10個くらいやってしまいました。
(2ゲーム半くらいをタダであげたことに…。もったいない)
あのサーブ&ボレーをブレークできるとは思えないし、間違いなく格上の相手でしたが、
自分のサーブがこれでは試合になりません。
それ以外にも
①フォアで打ち込むとフカす
②スライスが滑らない
③相手が前に出るとすぐロブを上げる
(「上げ癖が出た」とテニスマスターM氏にもよく指摘されます)
等等、技術的な反省点ばかりの試合でした。

ダブルフォルトはひたすら練習して解決するにしても、
自分から打ち込めないのはなんとかしないといけません。
フォアはスイング自体が縮こまっている感じがします。
バックのスライスは1・2戦目の相手が打ち込むタイプだったから良かっただけみたいです。
つまり「スライス」ではなく「チョップ」だったんですね。
こんな「自分から打ち込めない病」の治療法を知っている方がいらしたら、是非教えてください。

できれば来月、区民大会があるので…。
その前に是非!


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking ついでにこちらも。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 00:26:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad