■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ダブルスとシングルスで違う?
当直明けで眠たかったけど
「男ダブの試合だけやるサークル」
に参加してきました。

寝不足のハイテンションが幸いしてか
4勝1敗!

懸案だった「男気スピンサーブ」もなかなかの確率で
それなりの球威も出ていました。

なによりも辛口テニスマスターM氏から
「プレー全体がなかなか良くなった」
との評価をいただき、さらにレベルの高いダメ出しを
いただけたのが嬉しかったです!


ずっと「ギラギラ」とか「やりとり」とかで迷っていましたが
ダブルスではまず
「自分のサーブをキープする」
ことに全力をあげなければいけません。
キープする方法はたくさんあるんでしょうが
「いいサーブで押し込んで前に出る」
のが一番手っ取り早い。
となると、自分のサーブでは「ギラギラ」一辺倒でも
いいのかもしれない。

で、ペアがサーブの時、自分は前衛にいる訳です。
大雑把に言って前衛の仕事は「決める」ことなんで
「やりとり」が顔を出す機会はあまりない。

「やりとり」が一番求められるのは、リターンのゲーム。
リターンを返した後、攻めてくる相手に対してどう対応するか。

だからダブルスだと
「ギラギラ」と「やりとり」のバランス
って言うよりは
「ギラギラ」と「やりとり」を使い分ける
と考えたほうがいいのかもしれないと思ったのです。

つまり
①自分のサーブ → ギラギラ(サーブで押し込んで、前に出る)
②ペアのサーブ → ギラギラ(チャンスを狙って決める)
③リターンゲーム → リターンを返してから、相手とのやりとり
こんなイメージ。
合ってるのかしら?


私にとってここのサークルはレベルが高いので
基本的に必死にやっている訳ですが
必死にやっているなかで、ふとこんなイメージを持ったんです。
今回上手くいったのは、そのおかげではないか。

シングルスだと話がもうちょっと複雑になってくるんで
(ダブルスほどセオリーが見えにくいので)
各ポイント、もしくは各ショットで
「ギラギラ」と「やりとり」のバランスを
取る必要があるように思えます。

ちょっと覚えておいて
次のテニスで試してみよう。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 00:36:00 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
そっかぁ・・・

私はどちらかといえば
自分のサービスゲームはコンサバ、
リターンゲームでは冒険もアリってかんじです。
一番プレッシャーがかかるのがペアのサービスゲームかなー

2007-08-24 金 18:47:26 | URL | BOOH [編集]
*BOOHさま

今回、たまたま結果がついてきたから
そう思うだけかもしれません。
かえってリターンで攻撃的になるほうが
戦術としては相手にプレッシャーかもしれませんし。

>一番プレッシャーがかかるのがペアのサービスゲームかなー

ここ同感です。
チャンスボールとか凡ミスしたらどうしよう…
とかって考えてしまって。
ペアのサーブ(球種・球威など)によって
立ち位置も迷ったりします。

ダブルスも難しいですね。
2007-08-24 金 21:06:44 | URL | 丸坊主 [編集]
やりとり上手になりたい!
私、攻める(=ギラギラ)事ばかり考えていたので、
「やりとり」の部がもっと上手くなりたいです。
以前言われたのは、
テニスには「攻める球」「守る球」「普通の球」があって、
「普通の球」が一番重要っていうこと。
ストロークも色んな球が打てるようにならないと
勝てないですね~~(*_*;)

 
2007-08-25 土 13:05:35 | URL | ららこ [編集]
*ららこさま

>テニスには「攻める球」「守る球」「普通の球」があって

私がバイブルと崇めている「チルデンのベターテニス」によると
自分の打つ全てのショットは「攻撃」「守備」「操縦」のどれかであり
その選択をはっきりさせないといけない、とあります。
きっと同じことですよね。

もちろんここでも「操縦」を一番重要視しています。
「確実にコントロールできる」ことと同時に
「できるだけ緩い球」で打つようにとあります。
そのほうがより「攻撃」を際立たせることができるし
相手からカウンターを食らう危険も少ないからだそうです。

ただ「緩い球」といっても
当てるだけの打ち方では攻め込まれてしまうので
「振り切って緩い球を打つ」ことを心がけています。

そういえば以前の練習会で
崇拝するテニスマスターもそんなことを言っていたような。

上手い人たちの言うことややることって
不思議とつながっていたりするんですよね。
2007-08-25 土 13:15:49 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。