■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
わからなくなってきました
午前中にダブルスの練習試合を2時間ほど。
午前中とはいえ十分すぎるくらい暑かった  です。

それはともかく、懸案だった「ギラギラ」と「やりとり」ですが
さらにわからなくなりました。


結果は良かったんですよ。
いろいろペアを組み替えて全勝でしたし。 
リターンの精度にやや課題は残ったものの
チルデンのベターテニスに書いてある
「攻撃」「操縦」「守備」の選択は明確にできました。


ただ、前回ふと思った「ギラギラ」と「やりとり」の使い分けが
思ったような形にはなりませんでした。

考えてみれば当たり前かもしれませんが
各ゲームごとで使い分けられるほど
単純なものではなかったようです。


自分がサーブのゲームでもリターンのゲームでも
各ショットごとに状況は入れ替わり
それによって求められるショットも変わってきます。

やはりダブルスでも、ラリーの状況を見極めて
その状況にあったショットを選択しないといけない。

最初に自分が打つショットがサーブであれば
それは「攻撃」になるでしょうし
 (セカンドサーブは別かもしれませんが…)
リターンであれば
まず「返す」ことを優先する。
 (こちらもセカンドなら別かも)
それだけの違いではないかと
思ったりするのです。


そもそも「ギラギラ」や「やりとり」はショットの選択の問題ではなく
あくまでも丸坊主のメンタルの問題として捉えたほうがいいのかもしれません。


試合中、気持ちが冷めがちになったら
「ギラギラ感」を取り戻す努力をし
気持ちが熱くなりすぎたり
結果を恐れる弱気の虫が現れたら
「やりとり感」を取り戻す。

ダブルスとかシングルスとか関係なく
そういうことなのかもしれません。


ここ最近、書くことがコロコロ変わっています。
試行錯誤の途中なので仕方ないといえば仕方ないのですが。


ところで今日を振り返って、少し怖いのが
「内容」と「結果」を切り分けて反省できているのか
ということです。

正直に言って、今日の結果は良かったです。 
結構上手い男性が集まって、ペアを組み替えて対戦して
全勝だった訳ですから。
先日の「男ダブの試合だけやるサークル」だって
なかなかいい結果でした。
内容的にも満足しています。

でも、仮に内容がほぼ同じで
結果だけがダメだったとしたら
「内容的にも満足」なんて言えるでしょうか?
そう考えると少し怖いです。

 結局、結果が良かったから内容も良かったって思ってるだけ

という疑いが拭えず…。


あの時「操縦」を意識したファーストボレーは
たまたま次が浮いてきたけど、深さは十分だったと言えるだろうか?
あの時「操縦」を意識して沈めたリターンは
たまたまいい所に沈んだけど、振り切って打てたと言えるだろうか?
あの時「守備」を意識して上げたロブボレーは
たまたまいいコースに落ちたけど、打点に目を残して打てたと言えるだろうか?
あの時「攻撃」を意識したスマッシュは
たまたま決まったけど、最適な選択だったと言えるだろうか?
ややギャンブル気味ではなかったか?
等等…


内容面での課題を良い結果で覆い隠して
自己満足しているのでしょうか?
それともホントに内容も良かったのか?
そもそも「いい内容」って、なんだろう?

いよいよわからなくなってきました。

あぁ。
「結果」に左右されることなく、自分を評価できるようになりたい…。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 14:34:38 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
小さな成功から
気持ちって一定であり続けることができないものですね。
自分なりの信念や哲学を持っていたってその時その時の状況で波のように揺れているものだと思います。だから充実感なり自分のいい状況を長く保てている時がベストなのだと思います。
内容が結果がという問題は振り返ってそこまで考えられる自分がいるということで素晴らしいですよね。
自分の意図したことが全部出来たらそれは素晴らしいけれど、ただの一球だってまったく同じという球(状況)はないのだから、全てを思い通りにするのは無理なのではないかと思います。
結果が良かった時は良かっただけの理由や必然性がどこかに潜んでいると思うので、それを見つけられると自信に繋がるのかなと思います。
ある人が「人は失敗からは学びにくい。人は小さな成功から学ぶもので、小さな成功の積み重ねが自信になる」と言っていました。
おやじもその通りだなと感じています。おやじは丸坊主さんのレベルまではまだまだ遠そうです。でも小さなステップを踏んで上達していくつもりです。お互い頑張りましょう。
2007-08-26 日 07:06:47 | URL | おやじ [編集]
>ただの一球だってまったく同じという球(状況)はないのだから、全てを思い通りにするのは無理なのではないかと思います。

そうですよね~。
でも強い人って「全てをコントロールしている」
ように見えてしまって・・・。

そうなりたいと思っただけのはずが
なんだか訳がわからなくなってしまいました。
2007-08-26 日 23:00:17 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。