■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インナーテニス
最近の記事を読み返してみると
自分の混乱ぶりが恥ずかしいです。

要するに「ショットの選択」と「メンタルのあり方」を
ごっちゃにしてしまって
訳がわからなくなってしまったのです。


そんな時にはこの本!

「インナーテニス」
(W・T・ガルウェイ著 後藤新弥訳 日刊スポーツ出版社)


結構古い本なので、今でも売っているのかわかりませんが
私は古本屋で購入しました。


せっかくなので最初から読み返してみると
早速昔の私が赤線を引いた箇所が見つかりました。

「必要なのは『この感じで打ったら、こう飛んだ』」
「『よい』『悪い』という判断は感情であり、事実ではない」
(P.19)

なんということ!
「いい内容」なんて、私の感情の中の「架空」のモノでしかなかった!



って、そうなの?



この本は人間の内面を
「セルフ1」 → 知的・感情的部分
「セルフ2」 → 本能的・肉体的部分
とに分けて
「セルフ1」の活動を押さえ
「セルフ2」の力を最大限に引き出す術を
紹介しています。


でもここで疑問が。

メンタル面はちょっと置いておいて
私は「チルデンのベターテニス」で言うところの
「『攻撃』『守備』『操縦』の選択」を的確に明確に行い
相手との「やりとり」を楽しめるようになりたいと
日々励んでいる訳です。

それは「セルフ1」(知的・感情的部分)にあたるはずです。
しかしこの本では、その「セルフ1」の存在が
「セルフ2」の限りない能力を阻害していると主張しています。



う~ん。
かえって混乱に拍車がかかったような・・・。



でもちょっと思い出してみると、打つ前に
「ここで『攻撃』して・・・」とか
「ここは『操縦』で相手を追い込んで・・・」とかって
意識して考える時
もうちょっと本能的というか、反射的というか
「ここは『操縦』」って
わかる時とがあります。

打つ前に意識して考えるのを「セルフ1」
打つ前にわかるのを「セルフ2」
と読み替えると、私にもだいぶ身近に考えられます。


確かに「わかる時」って、だいたい結果がいいです。
ただ知的な部分を活用してない感じがするから
「ひょっとして、上手くいったから後付けで
 『いい選択をした』って思ってない?」
という疑いもあった訳です。

でもこれを疑わなくていいのであれば
今の私にはとても心強い。


「意識して考える」のはいつでも安定してできるけど
「わかる」のは意図できない。
ZONEではないけど、何か「降りてくる」感じがします。



話はそれますが
ストロークとかサーブとかって
打ち方を意識せず、自動的に打てるようになるまで
体に覚えこませることが大事だと言われています。

それと同じようにショットの選択も
意識せず、自動的に判断できるくらいまで
体に覚えこませないといけないのかもしれません。


打ち方を体に覚えこませるには
正しい打ち方を繰り返して覚えていく
「基礎練習」が必要です。
ならば
ショットの選択を覚えこませるには
正しい選択を繰り返して覚えていく
「基礎練習」が必要なはず。


テニスのラリーで「正しい選択」を覚えていくには
一つ一つの状況を自分なりに分析しないといけない。
それを繰り返すことで
自動的に判断することができるようになるのかもしれない。


ん?


今回の記事の最初に
「『よい』『悪い』という判断は感情であり、事実ではない」
と書きましたが、「正しい」選択ってのも同じこと・・・?


う~ん。
読むべき本を間違えたかしら?



さらに深まった私の混乱はともかく
「インナーテニス」はなかなか興味深い本です。

ボールが弾む瞬間とインパクトの瞬間に意識を向ける
「はずんで、打って」練習法
(P.26)
は、ボールを見ることを忘れがちな私が
集中してボールを見続けるために今でも活用しています。

よかったら読んでみてください。

人気blogランキングへ ついでによかったらクリックお願いします。


スポンサーサイト


本とか音楽とか | 23:06:00 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
同じ本でも、時をおいて読むたびに
自分のとらえ方や感じ入る部分がちがっていたりして
面白いですよね。

同じようにテニスの試合を観るときも、
これから先自分の経験値が上がってゆくにつれて
目線がどんどんかわってくるのでしょうね。
楽しみです e-420
2007-08-27 月 12:01:14 | URL | BOOH [編集]
*BOOHさま

>同じ本でも、時をおいて読むたびに
自分のとらえ方や感じ入る部分がちがっていたりして

確かに変わりますよね。
でも私の場合
単に、前に読んだ内容を忘れているだけという話も…。

ここ最近テニスの調子は悪くないのですが
自分のプレーのあり方とかを考えてしまって
なんだかこんがらがっています。

こういう時は基礎練習に戻るに限る!

時がたてば、こんがらがっていたことも
忘れてしまうだろう…。
(いいのか?)
2007-08-27 月 19:40:43 | URL | 丸坊主 [編集]
ジャック!?
う~~ん、哲学的?になってきてますね。
テニスへのアプローチは人それぞれ。
楽しみ方も色々。
私も「考えすぎ」とか「情報ありすぎ」って言われますが
「それが楽しいんだも~ん♪」って開き直ってます(^_^)/

でも、ジャック・スパロウみたいに
最終的な目的を果たす事だけに執着して
途中は何でもあり、知恵と勇気と運で勝負!っていうのも
いいかもしれませんよ~~
(生意気言ってスミマセン)
2007-08-27 月 23:50:26 | URL | ららこ [編集]
*ららこさま

「グリップテープ特集」に惹かれて
ついつい買ってしまったテニスジャーナルに
メンタル面の記事がありました。

「シンプルであることの大切さ」

いや~、今の私のために書かれたような記事です。
考えすぎていいことはないから
意図的な単純作業を繰り返すといいそうです。

「球をよく見る」 「足を動かす」

う~ん。
なんか2・3周回って
テニスを始めた一番最初に戻ったような気が…。

それはともかく、これとは別に
「積極的マイナス思考」という記事もあって
これも私にぴったり!

「自分はダメでいい!」

ダメでいいんだ!
ららこさまの言う「途中は何でもあり」に通じません?
(ジャック・スパロウからは遠く離れたけど…)
2007-08-28 火 22:04:46 | URL | 丸坊主 [編集]
私も読みました!
「インナーテニス」ではないですが、「インナーゲーム」なら読みました(だいたい同じ内容だと思います)。内容は一応理解できたつもりでしたが、実践するのはなかなか難しいですね。数年前に読んだので、もう内容を忘れてきてしまいました。今度もう一度読み返してみようかな?
2007-09-01 土 19:14:18 | URL | mah [編集]
*mahさま

なかなか興味深い本ですよね。
私も「インナーゲーム」持ってます。

「いまここ」
に集中するっていう考え方
私は大好きです。
でも実践は難しい…。

全然関係ありませんが
次回の記事にmahさまから教わったことを
書く予定です。

よかったら見てみてください。
2007-09-01 土 22:28:52 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。