■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
考えてみた
理由付けできないとなんか気持ち悪いんです。
「頭でっかち」だから。

だから考えてみました。


そういえば過去に
「ウィルソンのNXT」
を40ポンドで張ったことがありました。
もちメタリックス6で。

確かに食いつきは良かったのですが
ぽわ~んと飛んでいってしまい
全然使えませんでした。
アン・コントローラブル!(インチキ英語くさい  )

ガットの話の時にmahさま
「ポリはたわんだ後の戻りが遅いようで、ナイロンは戻りが速いから
 緩く張ったら飛びすぎてしまうかも」
とコメントをくれました。

だからNXTの超ユルは失敗だったんですね。


でもこれって、超ユルポリが良かった理由にもならないかしら?

つまり、ポリはたわんだ後の戻りが遅いから
食いつきで回転をかけやすいのに
ガットが戻って弾く前にボールが飛んでいく。
ということ?(合ってる?)


普通のスイングスピードの方は
わざわざユルくして食いつかせなくても
スイングで回転をかけられる。

でも私のようなへっぽこスイングの人は
ユルくすることで食いつきをよくできて
回転をかけやすくできる。
さらにポリなら戻りが遅いから
ガットの弾きでボールをすっ飛ばしてしまうこともない。


リキんだ時にフカしたのは
肩とか肘とかが硬くなって回転がかからなかった
結果的に「どフラット」を打つ形になってしまったから?


なんとなくそこらへんが答えであるような気がします。
確証は無いのですが。


ボレーやサーブについてはあまり触れてないけど
こちらもよかったですよ。
ボレーなんて、インパクト時間が長くなった気がして
 (気のせい?)
ちょっと面をズラすだけでスライス回転がかかってくれるし。
サーブも回転量が増した印象です。
 (注:あくまでも主観的感想です)



ちょっとした冒険(遊び?ネタ作り?)のつもりで試してみた

超ユルポリ

ですが、もう定番になりそうです。
今度は30とかにしてみようかしら?



欠点らしい欠点と言えば

前にも書きましたが、リキんで打つとフカす 
 → 45ポンドの時も同じ
高い打点から打ちおろされて自分の足元に来た球のボレーを
フラットに捉えすぎると、これは完全にフカす 
 → 同上
リキんだスイングだとフカすから
「男気スピンサーブ」の男気(「うらっ!」「んがっ!」)が出しにくくなる 
 → いいサーブが行くなら別に男気はいらない

今のところ、そのくらいかな。



でも、なんで「脱力スイング」がしやすかったのかは
完全にナゾです。

もしこれが
「たまたま調子が良かったから」
なんて理由だったら…。


調子が落ちたとたんにフカしまくる  可能性があります。


どうやら経過は慎重に見守る必要がありそうです。

人気blogランキングへ こんな超ユルポリの私でよかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


ストリング関係 | 22:40:06 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
丸坊主さんのおっしゃるとおり、ポリにローテンションは意外と合うのかもしれませんね。スピンがかかるのは、ポリだと表面の摩擦が小さく、ストリングがよく動くからでしょうか。

スイングスピードが速い人だと、ストリングがホールドしすぎてダメだと思いますが、ゆったりスイングする人には合うのかもしれません。

ストリングは種類とテンションの組み合わせを考えるといろいろなセッティングがあって悩みますが、丸坊主さんはご自分にあった良いセッティングが見つかったんだと思いますよ。
2007-09-01 土 22:57:23 | URL | mah [編集]
脱力がポイントなんですね!
ゆるガットといえば、マッケンローですよね。
ゆっくりスイングでタッチ重視!
ゆるガットだとリキめないから、常に冷静なプレイをしないといけないですねw

私の場合、リキんで打って、フカさない設定を探し中です。。。
2007-09-02 日 11:03:54 | URL | 徹 [編集]
自分に合ったセッティング・・・いいですねえ。
そういうのを早く見つけてみたいもんです。
それにしても、そんな超ユルガットもありなんですね。
ワタシは55から50におとしたとき、「ホールド感が増したかも♪」って喜んだのに・・・。
どんなもんだか、一度お手合わせさせていただきたいもんです!

もちろんその時は、男気サーブもお願いします。(笑)
2007-09-02 日 21:36:28 | URL | 和 [編集]
*mahさま

>ご自分にあった良いセッティング

もうしばらく経過を見守らねば、と思っていますが
今のところ特に問題もなく
むしろ「超ユルポリ」のクセみたいなものがわかってきて
身についてきている感じがします。

やはり「超ユル」だけあって
多少のコントロールのブレはあるような気がします。
でもそのブレが一貫している感じがするので
そのブレ具合を見につければ解決するようにも
思えたりします。


*徹さま

>ゆるガットだとリキめないから、常に冷静なプレイをしないといけないですね

そうなんですよ。
ちょっと欲を出してリキんだりすると
フカすんです。
まぁ、それは45ポンドの時も同じでしたが。
メンタルが試される設定なのかもしれません(笑)。

マッケンローは憧れますが
「マッケンロー対ボルグ」
のシニアツアーの試合ビデオ(家宝です)を見ると
「こりゃ違う人種だわ」
って素直に思えます。


*和さま

>一度お手合わせさせていただきたいもんです!

がっかりさせてしまわなければいいのですが…。
あらかじめお伝えしますが
かなりへっぽこですよ。私。

でもコメントをやりとりしている方たちでテニスしたら
相当面白そうですね。

どこかでできたらいいなぁ~。
2007-09-02 日 23:43:05 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad