■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ノリません
せっかくの休日も、台風  には勝てません。
テニスも当然延期に…。

仕方がないから走ってきたのですが
なんか体が重いっていうか
気分がノリません。 

前にAZUさまより
「辛くなったら歩く、あるいは思い切ってサボる」
とアドバイスをいただいたことを思い出し
今日は「通常ルート」の半分以上を歩いてみました。


雨にうたれて歩いていますと
いろいろなことを考えます。


例えば、私主催の練習会のこと。

この会が、より硬派に盛り上がっていくには
何が必要なのか?
彼ら彼女らにコンセプトを押し付けるのは
自己満足でしかないのか?
レベルのバラバラなメンバーが
みんなで上手くなるっていうのは
そんなに難しいことなのか?


「周りを気にせずに、丸坊主さんがやりたい練習をやったらいいんですよ」
と言ってくれた I 氏。

向上心の高さに実情がついていかず
モヤモヤしているように見える I さん。

技術は上がってきているのに試合に出ることを怖がり
ひとつカラを破れずにいる K さん。

「きれいなテニス」を目指したいのか「強いテニス」を目指したいのか
いまいちはっきりしない T さん。

フォアハンドに悩みすぎてこんがらがっている S 氏。

「いろいろ頭を悩ますのが楽しい。悩んで新しいことを試してもきっと上手くいかない。
 また悩んで試しても、それでも上手くいかない。ず~っと上手くいかないのが続く。
 だから楽しい」
じ~っと話を聞いてくれて、最後に一言くれたテニスマスターT氏。

等等。


彼ら彼女らは、仕事終わりで疲れているだろうに
平日夜のこの会に参加してくれる訳です。
その気持ちは大事にしたいし
だからこそ、みんながレベルアップできる会にしたい訳です。


正直に言って、メンバー間のレベル差は大きいしバラバラです。
生きた球での練習に入るにはまだまだ相当な時間が必要でしょう。
でもこのメンバーが集まった理由が必ずあるはず。


この練習会は、

 このメンバーでなければ

 ならなかったのだ!


それを証明したいのであります。


雨にうたれて  、風に吹かれて 
そんなことを考えてみたのです。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


テニス・その他 | 16:29:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad