■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
テニス本、ではない。
「頭でっかち」だろうが「運動センスがな」かろうが、どこまでも理屈を求める訳です。
そんな私に、また新たな出会いが。


「落合博満の超野球学①②」


ん?野球?
と当然思われるでしょう。

元々テニスのために買った訳ではないのです。
実は私、中学では野球部にいまして、
高校では野球部が無かったのでテニスにしたのですが、
今でも結構野球が好きなんです。
(注:観るだけ)
名古屋在住でもないのに小学校から中日ファン。
それだけの理由で買ってしまいました。

正直、内容は難しかったです。
中学野球程度の生半可な知識ではいまいちわからない所もあります。
でもこれは良かった。

やたら「オレ流」と表現されることが多い落合監督ですが、
「勝つ確率が一番高いことをやる」もしくは、
「優勝という最終目標を確率良く達成する」という、
ある意味非常にオーソドックスな采配をしているように見えるのです。
(一素人の勝手な意見です)
そういうスタンスの方に対して「オレ流」と表現するのはいかがなものかと、
常日頃から思っていた訳です。
「オレ流」って、なんか自分勝手な印象を受けません?
まあ「流」と「竜」でかけられてゴロがいいのかもしれませんが。

それはさておき、ここでは采配ではなくバッティングについて書かれています。
しつこいくらい徹底して「理想のバッティング」を求める姿が見て取れます。
従来から言い伝えられている「正しいアドバイス」や「禁じ手」についても
本当にそうなのか? そうであるなら何故そうなのか?
と、これまたしつこく追求されています。
やはり三冠王を三度も取るような人は凄いですね。
(身近にこういう人がいたらちょっとイヤかも)

野球とテニスなので競技自体が違うのですが、部分部分でパクれるものがありました。
ただ、そういうことよりもむしろ
理想のスイングに近づくために

「(しつこいくらい)徹底して自分で考え」「他人を観て盗む」

ことの大切さを教えられた気がしました。


従来の常識と言われる事に安易に囚われていないだろうか?
いただいたアドバイスを無判断で受け入れていないだろうか?
他人のプレーを流して見てはいないだろうか?
そもそも、自分のショット一つ一つに自覚的であるだろうか?


趣味のテニスですが(しかも私はへっぽこですが)、
分け入ってみると限りなく深い世界が見えてきます。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 11:54:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。