■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
チト反省
先ほどの記事を読み返してみて
なんか先走っているというか
自分の傲慢さというか
そういった感じが滲み出てしまったように思えて
訂正しようと思いました。

削除するのは簡単ですが
自分の欠点を覆い隠すだけのようにも思えるので
今後のためにも残しておくことにしました。
お恥ずかしい限りですが。



そういえば雨天ウォーキング中
別のことも考えたんですよ。
なにせ結構な時間、歩いてましたから。



例えば、試合中における「恐れ(ビビり)」について。


以前「ギラギラ」と「やりとり」の配分とか
いろいろ考えていました。

「ギラギラ」する感じって、確かに闘争心は上がります。
でも自分の場合、結局
恐れを覆い隠すために闘争心を燃やす
って感じなのかなぁ~って思うんです。

恐れを覆い隠すのではなく
恐れの存在を認めつつも、それを脇に置いておける
そんな方法はないものだろうか。


試合に入って「恐れ」が大きくなることは
結構あります。
それを直接コントロールすることは、私には不可能です。
それなら、試合中に私でも「確実に」できるものは何か?


以前、シングルスに臨むにあたって
気をつけたポイントがあります。

①球を最後まで見ること
②がむしゃらに球を追うこと
③相手のセカンドサーブを攻撃すること
(一歩前のポジション)
④各ショットに対して、攻撃・操縦・守備の選択を行うこと

④はともかく
考えてみれば、これって
私でも「確実に」できることなんです。
③にしたって、別に「攻撃 = ハードヒット!」
っていう訳ではありませんし。


チト脱線しますが、私の実感から言って
③ってかなり有効みたいですよ。
特にシングルスだと。
一口に「攻撃」って言っても
ハードヒットで押し込む、アプローチで圧力をかける、
ドロップ・アングルといったコースで攻める
等等たくさん考えられますが
ともかく「セカンドで何か仕掛けてくる」って思わせること。
それと同時に
「一歩前のリターンのポジション」
を組み合わせると、その時にポイントが取れなくても
試合の中盤・終盤で相手がファーストを外した時
すごいプレッシャーを与えられるみたいです。
コースを狙いすぎてダボの可能性が上がるかもしれないし
仮に入れてきても、サーブで使う精神力が大きくなり
その後のラリーを優位にできる可能性が高まります。

ダブルスだと前衛のプレッシャーがあるし
リターンのコースも限定されてるんで
また違ってくるのかもしれませんが。


話を戻しますが
「恐れ」の存在を無くすことができないとするなら
確実にできることを機械的にでも実行する。
そのことに集中できれば
「恐れ」を脇に置いておくことはできるのかもしれない。


このあたりが答えに近いのかな~。
試してみて「やっぱ違った」って思うのかな~。


そんなことも考えたんです。雨の中。
だから今日の記事はこっちを本物とします。
前の記事は失敗作。
残してはおくけど。

人気blogランキングへ こんな私ですが、よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


テニス・その他 | 21:34:33 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
シングルス
やりたい!シングルス♪
実際、年に数試合しか出来ないシングルス。

なかなか、アツイ展開になりづらいシングルス。
圧倒的に負けるか、圧倒的に勝つか。
とりあえず、大会探して出てみようかな~
2007-09-06 木 22:24:47 | URL | 徹 [編集]
傲慢さ?イエイエ真摯さのほうが伝わってきましたよ e-287

私は、勝ってても負けてても
スコアが一方的になると途端にちぢこまってしまうようです。
競ってると、ワクワクしてくるんですけどねー

むつかしいですねー
2007-09-07 金 10:03:35 | URL | BOOH [編集]
前回の・・・
前回の記事、スゴク共感します。
テニスが好きで集まった仲間・・・だから上達できる練習をしたい。
でも素人集団なので試行錯誤になります。
意見を言う人、聞いてるだけの人、色々います。
私なりにアイデア出したり、でも反感を持たれた事もあります。
最近思うのは、皆それぞれテニスへのアプローチの仕方とか
努力したい所が違うんだな~って事。レベルに関係なく。
それを「皆一緒に同じ事を目指そう」とすると
ゆがみが出てきちゃうんですよね。
・・・個人主義っていうわけではないけど、
一人ひとりが自分の事を頑張る、っていうのが良いのかな?
束ねられるのはコーチだけって思っちゃうこの頃です。
どうなんでしょう??
2007-09-07 金 16:03:20 | URL | ららこ [編集]
全然先走ったり傲慢かましてませんよ.
チームと一人一人のことを熱心に考えていて・・・ええ人や!

私見ですが,レベルが違うのよりも目標とかカラーが違うメンバーをまとめるほうが難しいかと思います.
「試合で勝ちたい」とか「美しいテニスを目指したい」とか目標があれば,レベルに応じて練習できますよね.
ウチもかなり個性的なメンバーですが,コーチのカラーがはっきりしていたので,3年の間に何人も出入りがあってだんだん今のメンツに固まってきた感じです.
もちろんレベルは違うので,メニューも微妙に違います.
同じボレーやるにしても,コートないにライン2本作って一つは上級者,一つはヒヨコちゃん同士って感じで.

コーチに怒られても厳しく指導されてもがんばってやっているのは,「上手くなりたい,試合で勝ちたい」って方向がみんな同じだからかもしれません.
丸坊主さんところも、いい方向にみんなで向かえるといいですね。
2007-09-07 金 18:48:21 | URL | 和 [編集]
*徹さま

シングルスって、やっぱりダブルスと違いますよね~。
精神のあり方がより重視されると言うか
自分との戦い、的な何かがあるように思えます。
(ダブルスも好きですが)

とりあえず草トー、行っときましょう!


*BOOHさま

お目汚しでございます。
すいません。

>スコアが一方的になると途端にちぢこまってしまうようです。

ココ!すごくわかります!
勝っていても、あんまり一方的だと
すごく不安になったりします。
私の場合「この勝ちを守りたい!」
って思うみたいで。

シングルス、難しい~!


*ららこさま

>「皆一緒に同じ事を目指そう」とするとゆがみが出てきちゃうんですよね。

そうですよね~。
そういう思いを持つことが
私の傲慢さなのだと
反省した次第なんです。

>一人ひとりが自分の事を頑張る

ここをベースにしつつも
バラバラにならない練習会作りは
必ずできるはずだと信じてたりします。

だって仕事帰りで疲れてるだろうに
この会に参加してくれるんだから
相当な「テニス好き」であることは確かでしょ。
その一点で、我々はつながっているんです。
たぶん。
コーチがいなくても、きっとまとまれるはず。
たぶん。


*和さま

先ほどメールを送らせていただきました。
ありがとうございました。

>目標とかカラーが違うメンバーをまとめるほうが難しい

正直なところそれは感じていますが
私は「このメンバーが集まってくれた」ことに
絶対意味があるはずだと信じているんです。

牽引力のあるコーチがいなくても
現時点で方向性がバラバラだったとしても
みんながレベルアップを図れる
素敵な練習会にすることはできるはず。

でも実際どうするかってことになると
悩みは尽きないのですが…。
2007-09-07 金 22:17:17 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。