■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
確かに男なんだけど…
出勤するといきなり施設長の奥さんに捕まり  ます。


奥さん:「2階の洗濯機の排水が詰まったみたいで水浸しになっちゃって。
     これは丸坊主さんにみてもらうしかないかなって」


えっと、奥さん。
私、大学では福祉心理を専攻しておりまして…


奥:「あと、1階にも水漏れして蛍光灯が浸かっちゃって…。
  漏電とかしてないかみてほしいの」


だから、奥さん。
私、中学の技術でラジオを作っても
最後まで音が出なかった生徒でして…


奥:「お願いしますね」


…アナタ、人の話を聞いてないでしょ。
 (絶対B型でしょ)



そういえば、前の職場でもそうでした。


圧倒的に女性が多いこの業界。
男性は重宝されるというより、使い走られるのが現状です。
 (私だけ?)


課で頼んだ文房具が届いたと連絡がくれば
「男なんだから取りに行ってきてよ」


日本語がほとんど話せない海外の方とか、チト訳ありの患者さんが来れば
「男なんだから担当やんなさいよ」


患者さんのために病院内で映画会を開こうとすると
「何の映画にしよっか~。アレとか良くない?」
とキャッキャ騒いでいる女性陣を尻目に
上映用の機具を設置し、映画用の暗幕を手配したり…


そういえば課のみんなでご飯を食べに行ったとき
「女の子はお化粧やら洋服やらでお金がかかるの。
 男なんだから多く払うのが当たり前でしょ」
と言われたこともあったなぁ。



あぁ。

男女は平等ではなかったのか!




と嘆いても始まらないので
洗濯機をどかし
排水口をほじくったりしましたよ。
もちろん水に浸かったという蛍光灯も
分解して掃除しました。
よくわからないけど直ったみたいです。
 (いいのか?それで)



私の肩書きは一応 「支援員」 となっていますが
・パソコンの使い方の指導 (→ 知らんがな!)
・電化製品の修理 (→ ごく簡単なものに限ります)
・植木の剪定 (→ かなり適当です)
・庭の害虫駆除 (→ 薬もまきます)
・洗車 (→ これは結構スキだったりします)
・自転車の修理
・施設内のワックスがけ
等等も私の担当になっているみたいです。

暑い日に一日中草刈りをしていると
「私はここで何をしているのだろう?」
と疑問を持ちますが
結構楽しんでいるのも事実でして。

だからまぁ、良いっちゃ良いんですが。


福祉を志す男性は日用大工とかがスキだったりすると
とても重宝されるはずです。
面接とかでアピールすると好印象かもしれませんよ。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


福祉の仕事 | 20:21:42 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
男女の平等
そおいえば、同期の総合職の女性は、残ってる人は全員管理職。
男性が圧倒的に多い、ウチの会社においては、むしろ女性の方が出世に有利だったり。
女性が多い職場って憧れたりしますが、現実は色々厳しいんですね~

で、社内恋愛とかはどうなんでしょう???
よりどりみどり?
2007-10-17 水 00:52:46 | URL | 徹 [編集]
はじめまして。
はじめまして。
ららこさんのところから来ました。
私は老健施設に勤務していますので、
なんだか共通する雰囲気を感じました。

この業界、女が多いですが、
女だけの職場になると、
自分が女でもキツイ。

男性職員の存在にとても救われます。
きっと、同僚の皆様もそう思ってるはずですよ!

男女は確かに平等とはいかないこともありますね。
私は事務職ではありませんが、
事務職員は男性しかいないので、お茶くみもやります。
そのかわり、車椅子のタイヤに空気を入れる、みたいなことでさえ、
男性がやってくれたりします。
助け合い、ですかね。

2007-10-17 水 09:57:37 | URL | まる [編集]
私の周りに限っていわせていただくと・・
そうやって上手に旦那さまを使える(失礼!)奥さまのいるご家庭は
なんやかやいいつつも円満に長続きしているようで。

丸坊主さんは大丈夫そうですね(笑
予行演習だと思って、ガンバッテ~ v-82
2007-10-17 水 10:22:32 | URL | BOOH [編集]
お疲れ様です!
オールマイティーに何でも出来なくちゃいけないんですね、お疲れ様です!剪定とか映画の上映とか、面白そう♪・・・って、他人事だから言えるのかな(^^;)。
上記の項目、パソコン・洗車以外は主婦の私の日常仕事と同じ。
いつでも嫁に・・・いやいや丸坊主さんはれっきとした男性でした!
2007-10-17 水 13:34:17 | URL | ららこ [編集]
*徹さま

>女性が多い職場って憧れたりしますが、現実は

男女比が極端に偏るといいことはありません。
大学も福祉・心理関係だったので
数少ない男たちが片寄せあって生きていました。

よりどりみどりなんてとんでもない!
下手なことしたらどんなことになるか…。
想像するだけでもおそろしい。

やっぱり半々くらいがちょうどいいのではないでしょうか?


*まるさま

おおっ!はじめまして!
コメントありがとうございます。
すごくうれしいです。
近々そちらにも遊びに行きますね。

老健での勤務ですか~。
雰囲気は似ているかもしれませんね。

>男性職員の存在にとても救われます。

まぁ、便利でしょうねぇ(苦笑)。
なんとなく面倒っぽいことは大概私に回ってきますし。
ちなみにお茶くみもやらされますやりますよ、私。

あぁ。助け合う感じが欲しい…。


*BOOHさま

>予行演習

いつまで予行が続くのか…。
本番を迎える日がくるのだろうか(涙)。


*ららこさま

>主婦の私の日常仕事

主婦業ってホントに大変なんだと痛感しております。
母親に対する感謝も実感がこもります。

以外に剪定とかって楽しかったりしますよ。
あと洗車も。
害虫駆除は実際にやるまで
冗談で言われてるのかと思いましたが(笑)。
2007-10-20 土 21:21:45 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad