■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
亀田さん騒動で思う
いろいろ騒がれてますね。

いろいろあったけど謝ったことですし
この騒ぎも収束に向かうでしょう。



それはともかく、この一件で思ったことがあります。



スポーツに「たら・れば」はないのですが
もし最終ラウンドの反則の後に
 (例えば試合終了直前とかに)
内藤選手がノックアウトなんかされてたら
彼らの処分はどうなっていたでしょうか?


反則の内容は変わりません。
お父さんの恫喝も変わりません。
ただ勝敗の結果が変わるだけです。


仮にそうなっていたとしたら
今と同じ処分内容になっていたでしょうか?




あくまで私の勝手な想像なんですが
処分なんかされず、されたとしてもせいぜい
「注意」程度で終わっていたのではないか。
そんなふうに思えてしまうのです。



これって恐くないですか?



「内容」は変わらないのに
「結果」が違うだけで扱いが全然変わってしまうなんて。
 (仮に想像通りになったとしての話ですが)


もちろんプロスポーツですから
結果によって扱いが変わるのは当然かもしれません。
結果が全てと言い切っても問題はないのでしょう。
でもこの騒動を見ていて
「もし…」と想像すると恐いなぁと思うのです。



ちなみに私はアンチ亀田ではありません。
 (「ゴキブリ発言」で冷めましたが、それまでは応援するつもりでした)
でも、あの反則を経た現時点から考えると
今回は内藤選手が勝ってホントに良かったなぁと思っています。



結果が良かったから内容も良く感じる。
結果が悪かったから内容も悪く感じる。
なんか自分のテニスにも当てはまりそうな気がします。

こちらは一素人の趣味なんですが
結果に左右されることなく内容の良さを求めていく
そういうテニスプレーヤーでありたいと
再確認するきっかけを与えてくれた騒動でした。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


雑記 | 20:37:04 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
内藤選手が勝って良かったです
なんだかんだ言って内藤選手も、亀田に勝てておいしかったですよね。
外人ボクサーとかと防衛戦するより、よっぽど知名度が上がりましたからw

テニス界でのヒールといえば、なんと言ってもマッケンロー!
悪態をつくんだけど、結果がついてくるから、今となって
マッケンローを悪く言う人はあまりいない。
確かに、結果が良ければ多少のことには目をつぶられてしまいますね。

ヒールキャラって、本当の実力を持たないと人から何と言われるか
分ったものではないので、大変ですよね~
2007-10-20 土 22:06:47 | URL | 徹 [編集]
反則技使う以外は、亀田選手もそんなに悪くない感じだと思いましたよ。
でも、やっぱりあの反則とケンカ腰パフォーマンスはどうしても受け入れられないなぁ。

ボクシングとか格闘技ではケンカと何が違うって「ルールがあること」だとおもうんですよね。
お互い最低限のところを守ってやらなければ、それこそ「相手をやっつければいい」っていうただの殺し合いになっちゃうんじゃないかな。

制約がある中で相手にダメージを与える。
そのための練習であり、技術だとおもうんですけどね。

あと、謝罪の記者会見をみて思いました。
大毅選手、あれだけ不遜な態度、威嚇のわりに精神的に弱すぎ。
だから内藤選手に負けたんだと思いますよ~。
自分の器と技量以上に大きくみせようとしすぎたんですねー。
技術より器の小ささを露呈したかも。
これから人間性と社会性を身につけて欲しいですね。
2007-10-21 日 08:52:43 | URL | 和 [編集]
*徹さま

>マッケンローを悪く言う人はあまりいない

私も憧れています。
でも一方で
「もう少しまっとうにやっていたら」
と思ったりもします。

彼のマナーの悪さがもっと早い段階でたしなめられ
 (悪態をつく姿がトレードマークのようにならず)
純粋に、彼のプレーの素晴らしさだけに注目されていたら…。

そこにはもっと素晴らしい栄光や栄誉があったのではないか。
そんな風に思ったりするのです。

もちろんスポーツに「たら・れば」はないのですが。


*和さま

>制約がある中で

これこそスポーツの根本ですよね。
共通のルール・制約の中で
お互いに精一杯プレーする。

それがない行為はスポーツではありません。


今までの経過はどうであれ
亀田さん一家には頑張ってほしいと思っています。
2007-10-21 日 20:35:33 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。