■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
真剣にダブルス
仕事柄、休みは完全に不定期なんです。
しかも土日休みは少なめ。
そうなるとどうしても固定ペアって作りにくいんです。
だからシングルスをメインに草トー参戦しています。

でもそれは表向きの理由で
固定ペアを作りたくない
という気持ちがあるんですよ。
なんか相手に求めるものが多くなってしまいそうで。


よく使わせていただくテニスオフだと
ほとんどの場合、初対面の方と組むことになります。
テニスサークルだといろいろ振り分けてペアを決めます。
そういった「その場だけ」の即席ペアだと
大抵のことがあっても納得できます。


私自身がへっぽこなので偉そうなことは言えませんが
ダブルスでペアの調子が悪い時には

自分いいテニスをする

ことを強く意識するようにしています。

下手にペアをフォローしようとすると自分の守備範囲を広げることになり
自分のプレーの精度が落ちます。
ペアも萎縮してやりにくくなるでしょう。
だからペアの範囲はペアに任せて「自分いいテニスをする」んです。

ここで
「自分はいいテニスをして、ペアの調子が上がるのを待つ」
と書くと話としては綺麗なのですが
私は精神面が弱いので、ペアの調子が上がるのを待っていると
「早く上がってくれないかな~」
とか
「いつまで待たせるんだろう」
とか思ってしまうんです。
ペアの復調を期待してしまうんですね。

だから私は
「ペアがどういうプレーをするかはペアが決めること」
と完全に割り切るようにしています。
つまり
「その試合を通して不調のまま」
でも
「すぐに調子を取り戻し」
てもどちらでもいい。
どちらであれ私がどうこうできる話ではないし、私が頭を悩ます問題でもない
そう考えることにしているのです。

調子云々とは別に
「自分が正しいと考えるポジションにいない」
とか
「自分が正しいと考えるショットの選択をしない」
とかも同様です。


いくらか話ができそうな方なら自分の考えを伝えますが
何も言わないケースがほとんどです。
で「自分いいテニスをする」んです。



そういう割り切りは諦めと同じことかもしれません。
でもそういう考えになってから
組んでくれた方の好きなプレーや打ちたいショットが
比較的早い段階で見えるようになりました。不思議と。

その場限りの即席ペアがダブルスとして勝率を上げるには
ペアに好きなプレーを思い切ってやってもらい
自分がそのフォローをするのが手っ取り早い。
そのためにどうするか?
ある意味で、それもひとつの「正しいテニス」だと思うのです。


これが初対面の方だったらできるのです。
逆に言うと固定でペアを決めてこれができるのか、自信がないのです。



なんでこんなことを書いたかと申しますと、
私の周りに結構多いんです。
コミュニケーションが上手くとれないダブルス。
 (しかも固定ペア)

直接言い合って喧嘩になるのはまだいいんです。
 (お互いにいい大人なんだし、よかないけど…)
最悪なケースだとペアがいない飲み会の席なんかで
愚痴をこぼしたりします。



解消しちまえ!そんなダブルス





そんな私でしたが、とうとう固定(?)ペアを組むことにしました。
 (前置きが長い?)

固定と言っても1ヶ月程度の準備期間をおいて
草トーに参戦するってだけの話ですが。
 (その先については未定です)

試合までその人と一緒に練習する機会は少ないのですが
試合の進め方などについて割とこまめにやり取りしています。
得意なショットとかプレースタイルはお互いに違うのですが
プレーの考え方とかセオリーに対してごく近い考えを持っているので
程度はともかく、それなりにかみ合うペアになるだろうと期待しています。


ダブルスで真剣に大会に出てみて
自分がどう感じるものなのか?
チト楽しみでチト不安だったりします。

すごく小さい大会なんですが、実は優勝を狙っています
 ↑ なぜ小声?



もし1ヶ月くらいたってペアに対する不満を記事にしていたら…

思いっきり突っ込んでやってください


いつまでたってもダブルス関係の記事が更新されなかったら
こっぴどくやられたものと思っていただいて…。
 (その時はそっとしておいて)

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。


スポンサーサイト


テニス・その他 | 20:22:13 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
どこまでペアと共有するか??
>それもひとつの「正しいテニス」
一度だけのペアでしたら、やはり勝って終わるのが一番楽しいと
思うので、それもありかな?
私のペアは完璧主義・・なのか、セオリーから外れると「今のはなんで?」と事細かに納得しないと前に進めないところがあるみたい。ペアのプレーに興味を持つのは当然かもしれないけど
疑問を一つ一つ納得しないと前に進めないのは疲れちゃうんじゃないかと思うんです。
そういう意味で、ペアを許容しようとする丸坊主さんの気持ちは
素晴らしいと思います。
・・・が、自分も楽しめるテニスをしてくださいね!!

2007-10-21 日 23:50:44 | URL | ららこ [編集]
>その場限りの即席ペアがダブルスとして勝率を上げるには~

のくだり、オトナだな~と思います。
初対面の方とこれができるのなら、固定になってもまたそれなりに
よい対処をしてゆけるのでは?
(私は先日「製作・総指揮=オレ」的な人と組んで操り人形に・・涙)

私の場合、ダブルスの優先順位は 楽しさ>内容>勝敗 です。
固定を選ぶなら「悔しさを共有できるか」が最大のポイントだと思っています。
今は共に笑い恥をかきまくってきたペアが遠くに引越してしまったので
気ままなシングルライフをエンジョイしております(笑

2007-10-22 月 11:42:44 | URL | BOOH [編集]
丸坊主さんこんにちは。

ダブルスの良いペアを見つけるのって大変そうですね。私は週末だけ家族でプレーするぐらいで、まだまだそのレベルではありません。

日本片手バック保存の会なんていうのがあるのですね!
片手バックの人はかなりの少数派なんですか?
2007-10-22 月 16:20:04 | URL | ダニエル [編集]
ダブルス
優勝目指して、作戦練ってがんばってください!!!

フーテンの寅さんかよっ!というくら転勤の連続で、なかなか固定ペア
どころでも、なかったのですが。
ダブルスでペアを組む上で最低限のこととして、ペアとは喧嘩しない。
というのは当然ですよねぇ。
敵がペア同士でいがみあっているのを見るのも嫌なモノです。

とりま、ペア組んでくれる人を見つけて、ダブルスの試合とか
出てみたいものです、はい。
2007-10-22 月 23:38:01 | URL | 徹 [編集]
*ららこさま

>自分も楽しめるテニス

真剣に準備して参加して楽しめるものなのか。
ペアを固定して大会に出るのは
卒業して初めてなので想像もつきません。
その分楽しみでもあるのですが。


*BOOHさま

>「製作・総指揮=オレ」的な人

それはそれは…。
よく組まれましたね。

確かにそういう方って、よく知らないと
とても上手くて頼りがいがあるように見えたりしますが。

気ままなシングルライフもいいですよね。


*ダニエルさま

こちらでは初めまして。
ご訪問とコメント、ありがとうございます。

>片手バックの人はかなりの少数派なんですか?

女性はほとんど両手ですし、私の勝手な判断ですが
男性も6割以上が両手打ちではないでしょうか?

かくいう私も学生時代はずっと両手打ちでしたが(笑)。

少数派といえば少数派なのかもしれません。


*徹さま

>ペア組んでくれる人を見つけて

ですよね~。
大会に出るんならやっぱりペアを決めて出たいですよね。

シングルスだと自分ひとりだから
その点ラクですが。
2007-10-24 水 11:53:27 | URL | 丸坊主 [編集]
ダブルスのペアって難しいみたいですね。

私は初めて組んだ人とかれこれ2年半くらいになります。
もっとも試合に出たのは数えるほどですが。
でも、その人とはなかなか良い関係を保ってられます。
考え方が似てるけど、得意分野が全然反対なのがいいんでしょうね。
彼女はストローカーで私はボレーヤー。フォアが得意な彼女とバックが得意な私。
うまくお互いの凸凹した部分がかみあってるのかもしれません。

ただし、初めて組んで練習始めたときはまわりがびっくりするくらい息が合わないペアでした。
不思議なもんです。いまでは、彼女と組むときはすごく安心感があってゲームができます。

丸坊主さんも、固定ペアがうまく機能するといいですね。
2007-10-24 水 23:38:28 | URL | 和 [編集]
こんばんは。

>男性も6割以上が両手打ちではないでしょうか?
そうですか、でもそうすると4割ぐらいは片手の人もいるという印象なわけですね。私の勝手な想像よりは多い感じです。
初心者は両手から始めるのがとっつきやすい感じがしますね。
私は女ですのでやはり片手は難しいです。


2007-10-25 木 02:05:26 | URL | ダニエル [編集]
両手打ち
どちらかというと、片手打ちの方が多いような気がするけど。。。
そんな私も基本片手打ちです。
両手だとうまく球を押し出せない。
よほど差し込まれた時だけ、咄嗟に両手で打ちます。
とかいいつつ、いつまで経ってもトップスピンやフラットは
試合で使えるレベルに達しない(涙
2007-10-25 木 23:21:46 | URL | 徹 [編集]
おひさしぶり~
>もし1ヶ月くらいたってペアに対する不満を記事にしていたら…

りょうか~~い♪

ペア間のコミュニケーションってすごい大切だと思っているソフトテニス派の私としては・・・
ゴルフみたいに、静かにプレーをするのが耐えられなかったな~~
サーブ打ちながらでも、リターンしながらでも、ボレー打ちながらでもペアの動きみてその場で、注意しながらプレーしていたから。
硬式テニスのコミュニケーションって後でどうだったとか後悔に繋がりそうでとりづらいと感じていました~
頑張れ!




2007-10-29 月 14:15:01 | URL | ぴー [編集]
*和さま

>お互いの凸凹した部分がかみあってる

そう感じられるのは素敵ですね。
私たちが組んだらどうなるのか、全くもって未知数です。
でも今はそのドキドキ感が楽しかったりします。

そういえば大会参加は12月に延期になりました。
もうしばらくドキドキが続きます。


*ダニエルさま

私もず~っと両手打ちだったんです。
学生の頃は結構いい感じで打っていたんですが
ネットプレーとかスライスとかに興味を持つようになって
片手に変えました。
もちろん両手打ちのままでもできなくはないんですけど。

両手打ちはいい打点に入るまでのフットワークがきつくて…。

ある程度使えるようになるまで、1年以上かかりましたが
変えてよかったなぁと思っています。


*徹さま

>片手打ちの方が多いような気が

あれま。そうでした?
もしかすると学生時代のイメージが強いのかもしれません。
学生の頃は8割くらい両手打ちだったような印象があって。
まぁそういう私も両手打ちでしたが(笑)。


*ぴーさま

>ソフトテニス派の私

そっか~。
そういえば軟式で結構いいところまで行ってたんだよね。
あのすばしっこいポーチは軟式で鍛えられたのか。
ホントに足速かったよな~。

鈍足に磨きがかかっている私からすれば
ホントにうらやましいです。
2007-11-02 金 13:26:42 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。