■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ショック!
数ヶ月前から通い始めた「うち近スクール」ですが
今月半ばで閉鎖されることになりました。

家からホントに近いから午後出勤の日は午前中にレッスンを受けられたし
年配の男性コーチはアドバイスに重みがありました。

他の場所にもコートがあってそちらでの営業は継続するそうですが
休みが不定期な私ですから
午後出勤の日の午前中にレッスンを受けられないと
高い確率でレッスンを消化しきれません。
別のコートですと距離的にしんどくて…。

継続したいけど通えるのか。
悩むところです。


そもそもスクールに行って効果はあったのか?
と聞かれたら
「間違いなくあった」
と断言できます。

ここのコーチは目新しいアドバイスを連発する訳ではないのですが
私のプレーを見て、私に必要なポイントを
繰り返し繰り返し指摘してくれます。

たぶんこれってすごいことです。


指摘する部分なんて腐るほどある訳ですよ。
私たち素人ですから。
しかも
「たくさんアドバイスを受けたほうが得した気になる」
という生徒側の心理もあり
そのニーズを満たすコーチが多いように思えます。
少なくとも昔に私が通っていたスクールはそういう感じでした。


みなさんもどこかで聞いたかもしれませんが
技術の習得には3つの段階があります。
「わかる」「できる」「使える」

この中で実際試合に生きるのは
「使える」
の部分だけです。

ここのコーチは
「わかる」
を増やすよりは
「できる」もしくは「使える」
を増やすことを重要視しているように私は感じました。
だから新しいアドバイスではなく
必要なポイントを繰り返し伝えてくれる。

これは私がスクールに求めているものと重なるんです。


別のスクールに行って
同じスタンスのコーチに当たるとは限りません。
かといって今のスクール(別コート)に行って
レッスンを消化しきれないとムダになります。


悩みは尽きません。
どうしたもんでしょうかねぇ。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


テニス・その他 | 09:58:01 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
うちの息子の場合、
やっとめぐりあえた「打たせてくれる」コーチが
自宅から自転車で5分の距離にあったクラブから
隣の県に新設されたクラブへ移動になってしまい・・

今、高速をかっとばして通っています。
慣れたらなんとかなるもんですよ(笑
2007-11-08 木 13:35:25 | URL | BOOH [編集]
*BOOHさま

>高速をかっとばして

チャリじゃあ高速をかっ飛ばせない…。
慣れればいけるかな?(いけません)

ホントにこのコーチ好きなんです。
でもなぁ~。
どうしよっかなぁ~。
2007-11-09 金 21:06:34 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad