■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ミニラリー同好会
先日、某所で行われた練習会に参加しました。
この日は主催の方と私の2名のみ。
1コートごとに仕切られたハードコートで、基礎練習にはもってこいの環境でした。

主催の方もストロークに課題があるとのことで、
振り切ったドライブでのミニラリーをたくさんやりました。

通常ミニラリーって時間の関係でアップ程度、5分少々で終わってしまうのですが、
実は私、ミニラリーって大好きなんです。
振り切ったドライブでやるとスイングや回転量の調整ができますし、
薄く持ってフラットでやるとインパクトの感覚を養えます。
スライスでやるとボレーの練習になります。
そんなミニラリーを思う存分、1時間以上続けました。しかもクロスで。
(通常はストレートが多いですよね)


その後、手投げの球出しでストローク。
ビデオカメラを持参したのでフォームの撮影  をさせてもらいました。
しかしいつもの事ではあるのですが、
どうしてイメージと実際はこうもかけ離れているのでしょうか?
毎回がっかりします。
でも今までに指摘された所が目  で見て理解できます。
(頭でっかちの私にとってこれは大事な点です)

そんなこんなで課題のフォアハンドは少しずつ光が見えてきました。
どうやら手首を固めすぎていたのが不調の原因らしいです。
こういう練習を重ねればなんとかなりそうな気がしてきました。
区民大会は来月に迫っていますが。


一方のバックハンドですが(こちらも手投げ球出し)やはりスライスは難しいです。
村上龍氏の名著「快楽のテニス講座」によると、
死んだ球で打てない人は「スライス」ではなく「チョップ」  なのだそうで…。

スライスが綺麗な人って、それだけでかっこいいですよね。
ちょっと前に近くのショップで、
ローズウォールのDVDが売っていたので衝動買いしてしまいました。
(ご存知の通り、スライスの美しい伝説のプレイヤーです)
イメージは彼のスライスなのですが、ビデオに写る坊主頭にはその欠片も見られません。
やはりスライスは難しいです。


最後にサーブの打ちっぱなし。
これも撮影しました。
以前テニスマスターT氏から

「(テイクバックの時)肘を高い位置でキープする」

と言われ、ずっと意識してきました。
しかしビデオを見るとしっかり肘が下がっています。
自分の中では不自然なくらい高くしているつもりだったので、これもショックでした。
しかも手首が固い。
主催の方はスムーズに手首を使ってラケットヘッドを走らせています。
ビデオでは並んで写っているので、私の固さが一層際立ちます。
うわっ、固っ。


サーブを打ち終わってちょうど時間が来たので、終了となりました。
がっかりは多かったのですが、とても内容の濃い練習になりました。
やはり基礎練習はいい!
ミニラリー、最高!


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 22:02:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad