■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
不思議です
この冬  を
「ストローク強化月間」
として
シビアだけどいい球が打てるラジカルOSを手に
奮闘中な訳です。


ところで
「いい形で30代を迎える」
という目的で
詳細なテニス日記をつけ始めて
3年目になりました。

先日、最初から読み返してみたのですが
実に不思議な気持ちになりました。



そもそも振りぬきの良さを求めて
面の小さいラケットRAVEを使っていました。

しかしテニス日記をつけ始めて数ヵ月後に加入したサークルで
辛口テニスマスターM氏に出会い

「真ん中に当てるセンスがねぇ」

との金言をいただきます。

ここで 半強制的に メタリックス6に変えたのですが
この時は

「デカ厚ラケットなんて…」

と思っていました。


でもメタリックスを使ったことで
①「まず返すこと」の重要性を身をもって知った
②ボレー・スマッシュが楽しくなった
のです。


さらにポリをユルく張ることを 強制 奨励されます。
M氏に勧められなければ
超ユルの張りも、ポリガットも
絶対に選択肢になかったと断言できます。

そんな超ユルポリを使ったことで
①球に回転をかける感覚が養われた
②ラケット面でボールを転がす感じを掴んだ
のです。


そしてM氏からラケット変更の許可が下り
偏屈店長に 強制され 勧められ
今、ラジカルOSを手にしているのです。


まだこのラケットにてこずっていますが
ここまでの流れがあって初めて
このラケットなんだなぁと感じています。

M氏との出会いがなかったら
偏屈店長との付き合いが途切れていたら
今の自分はない訳です。



道具や技術だけではありません。



あまりの上手さになかなか近寄れなかった
テニスマスターT氏。
そんなT氏に初めてアドバイスを求めに行ったのが
テニス日記の初期のことです。

それから1年くらいたった頃

「勝つときは正しいテニスをして、正しく勝つ。
 負けるときも正しいテニスをして、正しく負ける」


「一緒にコートにいる人に楽しみを与えられて初めて本物。
 何よりも自分が楽しんでいることが大事。
 あとはそれを言葉で伝えればいい」


との言葉をいただきました。


そういう視点でテニスを見返してみると
少しずつなんですが
試合とは他人を蹴落とす場ではなく
プレーを通してやり取りをする場であり
苦しさも含めた楽しさがあるのだと
感じられるようになりました。


おかげで試合に出ること、
勝ち負けがはっきり出ることに対して
必要以上に恐れなくなった気がします。

もちろん勝てばうれしいし、負ければ悔しいんですが
 (勝てば賞賛されるし、負ければ軽く見られますが)
「正しいテニス」
ができたかどうかが
より重要なことだと思えるようになったのです。



もちろんここにあげた以外にも多くの出会いがあり
たくさん影響を受けてきました。
テニス日記を見返して、そのことを再確認できた訳です。

そんな出会いの一つ一つを振り返ると
ホントに不思議な気持ちになります。


「 RAVE ~ メタリックス6 ~ ラジカルOS 」

というラケットの流れも

「 試合嫌い ~ 出るけど楽しくない ~ 出て楽しめる 」

というメンタルの流れも
振り返ってみるとすごく不思議です。
私一人では絶対に変われなかったでしょう。
ホントにありがたいことです。 



そんなテニス日記は3年目に突入しました。
目標はあくまでも

「区民大会で勝ち上がること」

なんですが、それとは別に
自分がこの先どう変化していくのか
すごく楽しみだったりします。


学生の頃は全然続かなかったんですが
日記ってつけてみるもんですね。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


ラケット関係 | 21:41:45 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
丸坊主さんのお人柄ゆえの遍歴でしょうね。
これからも楽しい日記、続けてくださいね。

>試合とは他人を蹴落とす場ではなく

ほんとにそうだと思います。
ジュニアでも、難癖つけたり汚いジャッジをしたりしてでも
他人を蹴落とそうとしている子はたくさんいます。
それを観ている親が拍手喝采していたりもします。悲しくなります。

ベストな状態でいる相手をいかに攻略するか
目標とする自分にどうやって近づいてゆくか
その試行錯誤が、いちばん面白いところだと思うんだけどなぁ。
「苦しさも含めた楽しさ」を、せめて自分のこどもには
伝えてあげたいなぁ・・と思います。
そのほうが、良い仲間にも出会えるはず!丸坊主さんにつづけっ v-22
2007-12-12 水 11:57:22 | URL | BOOH [編集]
丸坊主さん、いい先輩や仲間とテニスしてるんですね。
記事からはすごくそういうのが読み取れます。

> 試合とは他人を蹴落とす場ではなく
プレーを通してやり取りをする場であり
苦しさも含めた楽しさがあるのだと

そう感じられることは、技術だけでなくメンタルが充実しているからなんでしょうね。
技術だけでなく、メンタルも(年齢に関係なく)向上していける・・・テニスって、スポーツって素晴らしいですね!
願わくは、これからどんどん育ってくる若い選手も、そういう風になって欲しいもんです。
2007-12-13 木 20:29:37 | URL | 和 [編集]
*BOOHさま

日記って、読み返すと結構恥ずかしいですね。

でも、全然変わってないつもりでいましたが
日記を見るとすごく変わっていることに
気づきます。

実力はともかく
何か一つのことに真剣に取り組むことって
自分を大きく変えてくれるんだな~と
思いました。

仕事もこれくらい真剣に取り組めると
いいのですが(笑)。


*和さま

確かに
テニス仲間には恵まれています。

当たり前のように一緒にテニスしていますが
日記を読み返して
ホントにありがたいことだと
感じています。

真剣に取り組んでいる限り
年数と共に向上していける。
テニスってそういうスポーツなんだと
思っています。

そういえばテニスマスターT氏が
「テニスを通して素敵な人になる」
って言っていました。

なんとなくわかるような気がします。
2007-12-14 金 18:14:23 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。